大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ラジオ出演のお知らせ | main | 龍馬グッズ >>
お龍さんの再婚
 

お龍さんの再婚

 

桂浜にたたずむお龍さん。

そこへ、にこやかに歩きながら近づいてくる龍馬の兄権平と姉乙女。

そんなシーンで「龍馬伝」は幕を閉じました。

 

が、現実はそんな甘くはなかったようです。

 

龍馬が暗殺されて4ヵ月後、お龍さんは龍馬の実家・土佐の坂本家に送り届けられました。しかし、そこでの生活は長くは続かず、3ヶ月ほどで立ち去ることになります。

 

その後、妹や知人をたよって各地を流転し、滋賀県出身の商人・西村松兵衛と再婚して西村ツルを名乗り、横須賀で暮らしました。

 

と、ここまでは知っていたのですが、先日(20101128)の京都新聞で

「おりょうの再婚相手意外?近江八幡の商人だった」

という記事が目にとまりました。

 

記事によりますと「おりょうは1875年、蒲生郡金田村(現・近江八幡市西庄町)の商人・西村松兵衛と再婚したが、その西村家の本家跡の位置や、菩提寺を確認した」 

「市立資料館は調べた結果をまとめた小冊子『近江八幡四方山話』を実費で配っている」という事で、さっそく、ひとっ走りして近江八幡市に行ってきました。

 

これがその「近江八幡四方山話」(¥500)です。

 

これに西村家の詳しい情報や跡地の番地が書いてあったので、さらに足を伸ばして西庄町まで行ってみることにしました。

 

まずは「円光寺」です。

ここが西村松兵衛の実家の菩提寺だったそうです。

 

近くの公民館に、こんな立て看板がありました。

当時の「金田村」は、今は「金田学区」という地名で残っているようですね。


 

さて西村家の跡地ですが、住宅案内板か何かあれば分かるのですが、それらしきものもなく、町の中を歩き回りましたが分かりません。

それで、近くの人に聞いてみました。

すると、「その話は最近聞いたけど、場所は??さあ?
そのあたりか・・な?」

という事で・・・何とも不確かな答えでしたが、半信半疑ながらも一応写真を撮りました。

 

近くにこんなお地蔵さんがありました。

このお地蔵さんなら、詳しいことを知っているでしょうね(笑)

 

さて、自宅に帰ってYahooの地図でこの写真の場所と小冊子の番地を照合してみたら・・

なんとばっちり合っているではありませんか。
やっぱりここが西村松兵衛の実家があった場所だったのですね。

お龍さんが再婚した頃にはまだ家があったそうなので、夫の実家として、お龍さんもここを訪れたかも知れませんね。

意外と身近なところに、ゆかりの地があったので驚きでした。

               by merry


FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Rankingクリックお願いします。


人気ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒人気ブログランキング
クリックお願いします。
| 滋賀 | 13:10 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 13:10 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
お龍さんも龍馬亡きあとは、あまりはっきりしたことがわからないのですね。
近江商人と再婚しても家も残っていないのでは、
あまり裕福な家でもなかったのでしょうか。
横須賀には、どんな事情で行ったのでしょうか。

桂小五郎の妻:幾松が京都霊山護国神社に祀ってあるのとは対象的ですね。

あまり知られていない情報をありがとう。
| ラメール | 2010/12/15 1:57 AM |
お龍さん、再婚したの知らなかったです〜〜

シネマ的には、竜馬だけがロマンチックだにゃあ〜
| シネマ大好き娘 | 2010/12/15 5:26 AM |
merryさん、続・取材お疲れ様でした!

貴重な情報をありがとうございます。
しかし、ここまで追っていくとは、執念ですね〜!!
お龍さんもあの世で驚いているかも
しれませんよ(笑)
| しずか | 2010/12/15 10:40 AM |
ラメールさん。
お龍さんが晩年になった頃、前夫の龍馬が有名になったので、西村松兵衛も何かと比較されて、辛い立場になったのではないかと思います。
お龍さんは生活に困窮し、あまり幸せではなかったと言われてようですが、西村松兵衛は夫として最大限努力していたように思います。
| merry | 2010/12/15 10:43 AM |
シネマさんは、再婚して幸せになってくださいね。
| merry | 2010/12/15 10:46 AM |
しずかさん。
今年の「龍馬」にはついつい力が入ってしまいました。
やはり、それだけのオーラーがあるのでしょうね。
| merry | 2010/12/15 10:47 AM |
コメントする