<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

第2回「桜島の誓い」

[ 鹿児島 ]
第2回は録画をやっと見ました。

篤姫は、少女の頃は於一(おかつ)と呼ばれていたようです。
その幼い於一が薩摩藩の財政再建の責任者:調所(ずしょ)に百姓をこれ以上の締め付けるのは出来ないと直接面接に行った。そしたら、調所は、「抜け荷をしている」ことまで話している。そして、調所が江戸に呼び出されたとき、於一を呼んで「これが役割を超えた天命ならば、それもいたしかたないことだ」と伝え、贋金、抜け荷の罪をかぶって自害した。

このころの於一の年齢は13−4歳のころです。こんな少女が藩の重要なことに口を出したり責任者から隠さなければならないことを伝えられたりしているのは、見ていてどうしても納得がいきません。ドラマとは言う、史実をもとに書かれたストーリーですからもう少しほんとらしいドラマにしてほしい。このへんのところは於一(篤姫)ナシでドラマがすすんでもいいのではないでしょうか。

マンガに画かれているような、子供が大人の世界の悪をやっつけるような於一の行動にはどうも違和感を覚えて見ていてしらけてしまいます。 下向き 下向き 下向き 下向き 下向き
ぶー ぶー ぶー ぶー ぶー

次回は、「薩摩分裂」です。於一がこの問題にどうマンガ的に関わるのか、こんなところに関心がいきます。 
このブログは、共同で運営しています。他のライターが持っておられる大河ドラマ「篤姫」の感想の一部です。

>しずかさん
 コメディータッチの入った朝ドラ的な大河かな?

>merryさん
 女性の目を通した幕末がどんな風に描かれていくのか楽しみです。

FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。



2008.01.15 Tuesday 23:54 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< 篤姫史跡めぐりの参考に | main | 「大奥 華(はな)にも意地あり」 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.04.18 Tuesday 23:54 | - | - | 
シネマ大好き娘 (2008/01/17 6:19 AM)
研究熱心ですね〜〜〜
しずか (2008/01/17 2:14 PM)

若い宮崎あおいさんが、於一から篤姫⇒天璋院となるまでの一生を演じるわけなので、少女時代の今をわざと幼く描いているのかなと想いつつ見ていました。
はじめの和やかムードも調所の自害で一変しましたね。
ラメール (2008/01/17 3:16 PM)
シネマさん&しずかさん
訪問とコメントありがとう。

とりあえずは、1〜2回と見ました。
1年間、於一がどのように幕末の動乱を乗り切っていくのか、「えー本当にそこまでやったの・・」とつっこみたくなるような場面も出てくるんでしょう。

22歳くらいのあおいチャンが篤姫が死ぬ49歳までを演じるのですね。
merry (2008/01/18 3:51 PM)
今回の大河に限らず、「えー本当にそこまでやったの・・」って思う事が、今までもありましたね。
例えば、戦国時代の重要な場面に必ず一豊がいる・・なんて。
やっぱり史実だけでは面白くないストーリーになるので、創作が必要なんでしょうね。
でも、わざとらしい創作は白けますね〜









2008年大河ドラマ「篤姫」
日曜大河ドラマ篤姫(あつひめ)主演,宮崎あおいの演じる篤姫チーフ・プロデューサー 佐野 元彦日曜夜8時NHKで放送
| 篤姫(あつひめ)大河ドラマ | 2008/01/16 2:12 AM |