大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「いだてん」トークツアーグランドファイナル in 浜松市 | main | 可児市の明智城跡(1)大手門 >>
麒麟がくる 第一回「光秀、西へ」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

いよいよ今年の大河がはじまりました。

 

昨年の「いだてん」は視聴率も悪く、私は始めと終わりの数話を見ただけでした。

NHKとしては戦後2回も実施するオリ・パラリンピックをとりあげる必要があったのでしょう。しかし、二人もの俳優が問題を起こし、ケチがついてしまいました。

今年はと新しくスタートしましたがまたまた主演級女優のトラブルで配役を変更せずにおられず、仕切り直して2週間遅れでのスタートでした。

 

タイトルが「麒麟がくる」です。

きりん

え!!!これなに!!!

関西の漫才コンビの名前が大河のタイトル、それともビールの名前がタイトルなの???

タイトルの意味が分からないので調べてみました。

平和な時代に来る神獣が麒麟らしいです。

 

ドラマがスタートするとイケメン長谷川光秀が悪党をバッタバッタと倒して行きます。大河の王道の戦国時代の幕開けです。期待は大いに盛り上がります。

明智光秀の知識は、パワハラを信長から受けた光秀がその恨みを晴らすために本能寺で信長を殺したが3日天下で終わってしまうぐらいしかなかったが今回のストーリーでは、光秀は善人で世の中を平和にする麒麟となる話のような気がします。

 

そんなことを考えながら第1話を見ました。

これから先、どれだけ私や視聴者を驚かすような展開で進んでゆくのか楽しみです。

第二話「道三の罠(わな)」

| 共同ブログについて | 11:12 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:12 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
ラメールさん、第一話の感想の記事ありがとうございました。

私も当初「麒麟がくる」ってどういう意味なんだろう?と思っていましたが、麒麟とはそのような象徴なのですね。
第一話を見たところ、まず衣装のカラフルなことに驚きました。今まで見てきた戦国時代ものと比べると、違和感はありますが、これも令和の大河ドラマということで、これからどんな展開になるか見守っていきましょう。
やっぱりイケメンが出ないと、視聴率に響くのかも(^^;
| しずか | 2020/01/25 4:06 PM |
しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

一年以上もこのページに記事をのせていなかったので
IDもパスワードも忘れていました。

衣装の鮮やかさは言われてみると今までの大河と
ガラッと変わりましたね。
これが令和の時代の大河なんでしょう。
アニメ的な雰囲気があるように思えます。

記事を書くチャンスを与えてくださってありがとう
ございました。
令和の大河に私の記事が載ったことがうれしいです。
この共同ブログもリーダー一人が頑張っておられるのでまだ続いています。
リーダーの記事を楽しみにしています。
| ラメール | 2020/01/26 12:47 AM |
コメントする