大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 南洲神社〜西郷南洲記念館 | main | 大久保利通の墓 >>
大久保利通の最期〜紀尾井坂の変

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

明治11年(1878)5月14日朝、麹町清水谷において、赤坂御所へ出仕する途中の参議兼内務卿大久保利通が暗殺されました。

現在の内閣総理大臣にも匹敵するような立場にあった大久保の暗殺は、一般に「紀尾井坂の変」と呼ばれ、人々に衝撃を与えました。

 

 

午前8時ごろ、大久保の馬車が紀尾井坂にさしかかったところ、男2人が、いきなり刀で馬の前脚に斬りつけてきました。

馬車が急停車すると、さらに他の男4人が手に短刀を握って馬車に走り寄り、扉から出ようとした大久保の眉間を斬りつけ馬車から引きずり出し滅多切りにしました。

こうして大久保は49歳の生涯を閉じたのです。

暗殺された時、大久保の懐中には西郷の書簡があり、それが血で真っ赤になっていたと、後に高島鞆之助が語っています。


下手人は、石川県士族島田一良ら6名。

実行犯が懐中にしていた趣意書は、有司専制や政治の私物化、国財の浪費や外交政策に憤り、これを進める「奸吏」の巨魁として大久保を倒すと記されていました。

彼らは、かねて鹿児島私学校派に共鳴し、西南戦争に呼応挙兵をするつもりでしたが果たせず、大久保暗殺に計画を切り替えたといいます。

同年7月、全員斬罪に処せられました。

 

 

 

 

 

明治21年(1888)、大久保利通の遺徳をしのび業績を称えるため、大久保の同僚であった官僚たちによって、暗殺現場周辺のこの場所に「贈右大臣大久保公哀悼碑」が建設されました。

 

 

 

(参考図書)

小川原正道著・西南戦争

芳即正・毛利敏彦編著・西郷隆盛と大久保利通

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

| 東京 | 19:58 | comments(1) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:58 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
私も今年の春ここに行って来ました。
立派な碑がありますが、暗殺の様子は壮絶なものだったのですね。
ドラマでは、西郷どんの最期が通説通りとは違ったのとは、対照的に、大久保は史実に近い内容でした。この事件の実行犯からも、大久保に恨みを抱いていたのは、薩摩藩士だけでなく、各地に不平士族がいたことがわかりますね。
| しずか | 2018/12/20 9:42 PM |
コメントする