大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
  • 水泳とオリンピックに生涯をささげた 田畑政治展
    しずか (01/30)
  • 水泳とオリンピックに生涯をささげた 田畑政治展
    ラメール (01/29)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」オープン(3)「いだてん展」小道具編
    しずか (01/27)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」オープン(3)「いだてん展」小道具編
    ラメール (01/27)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    しずか (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    ラメール (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/18)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/16)
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 幕末 神戸事件 | main | 西郷・大久保の座禅石 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
西郷どんの娘「菊子」の人生

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

林真理子さんの原作「西郷どん!」に、京都市長になったばかりの西郷菊次郎を囲んで、舞妓たちが「手鞠唄」を歌う場面があります。

 

一掛け二掛け三掛けて 四掛けて五掛けて橋の上
橋の欄干に手をかけて  はるか彼方を 眺めれば
十七八の姉さんが 花と線香手に持って
ねえさん、ねえさん、どこ行くの
私は九州鹿児島の 西郷隆盛 娘です
明治十年その年に 切腹なされた父上の お墓詣りに参ります
お墓の前で手を合わせ 南無阿弥陀仏と拝みます
お墓の前には魂が ふうわりふわりとジャンケンポン


私、この唄知っています!
歌詞は少々違う所もありますが、子どもの頃、この唄を歌って手まりをついて遊びました。
西郷隆盛が誰とも知らずに、名前だけは覚えました。

 

 

この唄の主人公「西郷隆盛 娘」と言えば、奄美大島で生まれた「菊草」の事。
後に奄美大島の母・愛加那の元を離れて鹿児島に来ましたが、それからどのような人生を送ったのでしょう。
興味を持ってドラマを見ていたのですが、あれ?ドラマには登場しない?

 

菊草の母 愛加那        wikipediaより

 

菊草のその後を追って、つらつら調べてみると・・・

「菊草」は鹿児島に引き取られて「菊子」と名を改めたそうです。

そして14歳の時に父・隆盛の従弟「大山誠之助」と婚約しました。
誠之助は「大山巌」の弟です。

しかし西南戦争が起こったため、誠之助も参戦そして敗戦。

投降・収監され、ようやく結婚したのは明治13年、誠之助30歳の時。

菊子は17歳になっていました。

 

その後4人の子どもに恵まれ、ようやく幸せになったかと思うのですが、実は誠之助には生活力がなく、借金を重ねていたというダメ男。
林真理子さんの原作の中で、誠之助は言ってます。

「わしは西郷さんから、島の娘を押し付けられた」と。


明治40年頃、菊子は誠之助と別居し当時京都市長をしていた菊次郎のもとに身を寄せました。

菊次郎は、京都市左京区聖護院川原町にあった官舎に住んでいたそうですが、その具体的な場所は特定できないそうです。

林真理子さんの原作では、菊次郎は門跡寺院「聖護院」の離れに住んでいる事になっています。
 

京都市左京区聖護院にある「聖護院

 

兄の許でようやく安定した生活を得た菊子ですが、残念ながら2年後の明治42年に48歳という若さで亡くなりました。

お墓はひとまず京都に埋葬されたそうですが、後、東京の大山家の菩提寺に移されたといいます。
 

 

ネットで調べていると、奄美新聞社のHPに「菊草(菊子)」?とされる写真が掲載されていました。
西郷菊次郎のひ孫宅で発見されたそうです。

 

奄美大島新聞社の記事→http://amamishimbun.co.jp/2018/03/02/6054/


菊子の生涯を思うと、奄美大島から言葉も風習も違う鹿児島に来て、しかも父は戦いで死に、夫は頼りにならず、どれだけ苦労をしたか、想像するに余りあります。

でも晩年の写真を見ると、ようやく兄のもとで、奄美大島時代のように兄妹仲良く幸せに暮らした様子が伺えます。

 

これからも「菊子」さんの足取りを追って、いろんな資料が出てきて欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 19:06 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:06 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
西郷さんの名前の入った歌が今でも歌われているのに
驚きですがその歌を歌っていためりいさんの記憶力
にも驚きです。

有名人の身内のその後は、知りたいが知らなかった方がよかったと思うことがあります。
30歳と17歳と歳が離れすぎてるのもうまくいかなかった
原因なんではないでしょうか。

アイカナさんは、息子も娘も島から出てさみしかった
でしょう。
| ラメール | 2018/11/20 3:28 AM |
ラメールさん。
最近の事は忘れるけれど、昔の事はよく覚えています(^^♪
この手鞠唄は、明治時代から昭和の中ごろまで歌われていたようです。

愛加那さんも、子ども二人を手放して寂しかったでしょうが、それが当時の習わしだったのでしょうね。
| めりい | 2018/11/20 5:19 PM |
めりいさん、記事の作成ありがとうございました。

菊子さんはドラマに登場しないのでしょうか。
せっかくなら、最終話にでも出てきてほしいですね。

この聖護院の話を読んだとき、一昨年に行った際
もっと隅々まで見てくればよかったと思いましたよ。(;'∀')
| しずか | 2018/11/20 8:14 PM |
しずかさん、お疲れ様です(^^♪

菊子さん、ドラマに登場して欲しいですね。

聖護院に行った時、まさかこのような記事に使うとは思ってもいませんでした。
| めりい | 2018/11/20 9:14 PM |
コメントする