大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    しずか (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    ラメール (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/18)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/16)
  • 南洲墓地の別府晋介の墓
    しずか (01/16)
  • 浜松市総合水泳場 ToBiO 田畑政治展(2)
    しずか (01/16)
  • 南洲墓地の別府晋介の墓
    ラメール (01/14)
  • 浜松市総合水泳場 ToBiO 田畑政治展(2)
    ラメール (01/14)
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 人形町の西郷隆盛屋敷跡 | main | 幕末 神戸事件 >>
幕末四賢公 11日紀行

 

JUGEMテーマ:大河ドラマ

11月11日大河ドラマ「両雄激突」の紀行で西郷どんの屋敷跡が紹介されていました。このブログでは、11月10日に紹介しています。

西郷どんがストレス解消のために元将軍家のお狩場(目黒区駒場野)で狩りをしていました。その時の服装が上野にある犬を連れた西郷さんの銅像の姿です。

上野公園にある西郷さん



 
今回は、幕末の四賢公(しけんこう)について書きます。

福井藩主(松平春嶽)、宇和島藩主(伊達宗城)、薩摩藩主(島津斉彬後に久光)、土佐藩主(山内容堂)をいいます。

幕府の政治に参画し、有力大名を政治に参加させる改革をしようとしましたが、老中:阿部正弘が1857(安政4)年に死亡し、井伊直弼が老中となり安政の大獄が始まると4名は、謹慎させられ活動はできなくなりました。
1860(安政7)年、井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されて以後、1863(文久3)年にかけて、謹慎が逐次解かれた。自由の身となった彼らは、隠居の身ながら幕政・藩政に影響を与えた。

 

山内 容堂 (やまうち ようどう)を紹介します。

1827(文政10)年、土佐藩15代藩主として生まれる。名前は豊信、容堂は、隠居後の呼び名。

当時の志士達からは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を、「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。政敵の西郷からは、「単純な佐幕派の方が始末がいいと言われた」。

※佐幕とは、幕府を補佐するの意

 

龍馬がたてた政権を朝廷に返す案「船中八策」を理解しており、容堂はこれを妙案と思い、15代将軍・慶喜に建白。1867(慶応3年1)年11月9日に、大政奉還が成立した。



関ヶ原の戦いで功績があったため、家康から土佐藩を拝領したのが「功名が辻の山内一豊」です。それから15代続き、江戸時代の最後の藩主が山内容堂です。


山内容堂公

 
誕生碑
お城の東側にあります

 
高知城

 
道路の右:容堂公屋敷跡 左:下屋敷

 
山内神社

 
杯を片手に持った山内容堂公

酒と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。

維新後は、東京で妾を十数人も囲い、酒と女と作詩に明け暮れる豪奢な晩年を送った。1872(明治5)年、積年の飲酒が元で脳溢血に倒れ、46歳で生涯を閉じた。

(参考資料:Wikipedia)
| 高知 | 00:01 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
ラメールさん、私の高知の旅の参考になる記事をありがとうございます!
まさに今度まわる予定に入れているところばかりです。
高知初上陸なので、下調べが必要なのですが、日々雑務に追われ、いまだ不十分な状態です。
今回の大河では、容堂は準主役にはなりませんでしたが、当ブログではドラマに出てこない人物にもスポットライトを当てて紹介しています。

昨夜の紀行には正直驚きました。
あの屋敷跡はもう紹介されないかも・・・と思っていましたので(^_^; 先手を打っておいて良かったです。
| しずか | 2018/11/12 11:00 AM |
>西郷どんがストレス解消のために元将軍家のお狩場(目黒区駒場野)で狩りをしていました。その時の服装が上野にある犬を連れた西郷さんの銅像の姿です。

そうだったのですか!
昨夜の紀行にぴったりの話題ですね。

幕末の四賢公のひとり「山内容堂公」
私はこの人がどんな理想の国をめざしていたのか、イマイチ分かりません。
ただ、すごく幸せな人生を送ったように思います。
| めりい | 2018/11/12 11:25 AM |
しずかさん、めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。


西郷家の屋敷跡は、さすが東京通のしずかさんですね。
NHKの行動を先読みして、前日に紀行ネタばらしましたから。私は、TV見てこの屋敷跡、ブログで見たよとつっこんでしまいました。
さっそくブログ見たら前日の記事でした。

高知旅行、楽しんでください。
龍馬だけでなく容堂、板垣、後藤、武市、岩崎など
維新に活躍した人いっぱいいます。忘れてならないのが一豊です。

紀行にまつわる記事を幕末四賢公に追加しました。
上野西郷さんの銅像がラフなスタイルで犬を連れている
のかわかりました。
あんなかっこうで狩りを楽しんでいたのですね。

容堂公の立ち位置は、都合のいいほうに流れていて、
幕府寄りかと思ったら維新よりと変わっていたようです。
西郷どんも「はっきり幕府寄りと言ってくれたほうが
わかりやすい」と言っています。
容堂公の人生は、自分の都合のいいようにばかりの生き方を
してきました。維新後は、ただ散財をして山内家の財産を
ほとんどつかいきったようです。

四賢公も改革志望ですが、幕府を倒してまでの改革
ではなかったようですが、
流れが倒幕となってきたので、そちらに行ったようです。
この記事書いてやっとその辺が理解できました。

ながながと書いてすみません。
| ラメール | 2018/11/12 12:19 PM |
ラメールさん、ありがとうございます!
高知に旅立つ前に容堂公について勉強になりました。
維新にかかわった人物も、その都度立場を変えていったのですね。
岩倉や三条にもそれを感じながらドラマを見ています。
もちろん大久保も・・・
| しずか | 2018/11/13 10:57 AM |
しずかさん

高知は、酒豪が多いと言いますが、
張り合って飲んできてください。

大河は、明治政府の舞台裏を見せてくれるので、
なかなか面白いです。
これだけの大改革ですから、実行した人は、
そうとうなプレッシャーがかかったでしょう。

私は、幕府最後の抵抗の場所:函館に行って、
その現場を見てきます。
| ラメール | 2018/11/13 12:52 PM |
コメントする