大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 西郷従道の邸跡(4)明治村 | main | 篤姫誕生地 「島津本宗家の菩提寺・福昌寺」 >>
篤姫誕生地 「今和泉島津家本邸跡〜大龍寺跡」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

かごしまシティービューで今和泉島津家本邸跡(篤姫誕生地)前で下車し、篤姫誕生地を散策しました。

IMG_8807 篤姫誕生地

篤姫の生家である今和泉家の本邸跡です。

IMG_8802 篤姫誕生地

屋敷自体は既になく、当時を偲ばせる石垣が通りに面して残っています。

IMG_8803 篤姫誕生地

IMG_8804 南洲門前通り地区

塀に沿って歩いて行くと、すぐに見えてきたのが大龍寺跡

IMG_8813 大龍寺

この辺りは、もとは島津15代島津貴久にって築城された内城の跡で、15代貴久、16代義久、18代家久がこの地を居城としていました。慶長7年(1602)家久は鶴丸城を築き移転。廃城となったその跡地に大龍寺が創建されました。

それは、貴久の号の「大中」と義久の号「龍伯」の一文字ずつをとって名づけられたのでした。(鹿児島観光サイトより)

IMG_8814 大龍寺

蓑懸松
IMG_8815 大龍寺

IMG_8810 大龍寺

儒僧文之和尚開山 大龍寺の遺址
IMG_8811 大龍寺

大龍寺を開山した南浦文之和尚(ぶんしおしょう)は、文之和尚は、安土桃山・江戸初期の禅僧で、島津藩の外交に貢献しました。弘治元年(1555年)日向国南郷外浦に生まれ、島津義久・義弘・家久に仕えて島津家の政治・外交に活躍しました。 鹿児島の大竜寺の開基や鎌倉の建長寺の住職も勤めましたが、朱子学に秀で漢籍の訓点を施し、後世まで「文之点」として日本儒学の発展に貢献しました。また、鉄砲伝来の様子を資料や伝承によりまとめた「鉄炮記」も著しています。 (姶良市観光協会サイトより)

東郷平八郎揮ごうによる文之和尚の記念碑
IMG_8812 大龍寺


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 鹿児島 | 01:17 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 01:17 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
今和泉家の本邸跡の近くに、大龍寺があったのですね。
写真で見ると、お寺の跡は閉まっていて、中には入れないように思いましたが、入れたのですね。

私達は「文之和尚」という名前は知らないけれど、東郷平八郎が記念碑に揮毫しているという事は、薩摩では有名な方だったのでしょうね。
| めりい | 2018/11/06 1:17 PM |
めりいさん、コメントありがとうございます。

お寺の跡の中には入れないのですが、通りから碑が見えるようになっていました。

私も文之和尚様の名は、この時初めて知りました。
薩摩では有名人なのでしょうね。
| しずか | 2018/11/06 10:15 PM |
篤姫、懐かしいです。

もう何年前のことでしょう。
| ラメール | 2018/11/07 12:00 PM |
ラメールさん、コメントありがとうございました。

篤姫の放送された年は、ゆかりの地の追っかけができなかったので、今年は西郷どんと合わせて回ってきました。
今でも人気があるようです。
| しずか | 2018/11/07 12:41 PM |
コメントする