大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 円通寺 彰義隊の墓 | main | 戊辰戦争 会津藩の抵抗2 白虎隊 >>
戊辰戦争 会津藩の抵抗1 全員自刃

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

10月21日 第39回大河ドラマ「父 西郷隆盛」が放送され、ストーリーは一挙に明治2年に飛び、西郷吉之助は、名前を隆盛に改め、故郷鹿児島に帰っていました。

 

戊辰戦争で吉之助の兄弟も参戦していましたので、もう少し戊辰戦争の頃の話がでてくるのかと思っていましたが、肩透かしをくらったので、このブログでは、新政府軍に抵抗した中心の会津藩についてアップします。

 

上野に立て籠もった彰義隊は、半日で鎮圧されましたが(第38回 10月14日 「傷だらけの維新」)、東北各藩の抵抗は続きました。その中心にいたのが会津藩でした。この戦いの傷跡が会津には沢山残っています。

 

 

会津藩家老:西郷頼母(たのも)一家の自決


 
頼母一家の幼少の娘は、命を絶ち切れずいたのを、侵入してきた新政府軍の兵士に介錯を頼みました。この光景を見た兵士は、涙ながらに介錯をしました。

 

 
頼母自身は、函館戦争まで生き延び捕らえられる。後、神職につき1903(明治36)に死亡(享年74歳)。

 
西郷頼母


 
戦力、戦略に勝る新政府軍は、圧倒的な力で鶴ヶ城を攻めました。

 
城を眼下に見える小田山に大砲を据えた政府軍は、城を攻めました。

 


 

 

| 福島 | 13:17 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 13:17 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
西郷頼母一家の自刃。涙が出ますね。

今の時代から見たら、生き延びる方法はいくらでもあったのに・・と思うのですが、当時はそんな選択肢はなくて、生き恥をさらさない事が美徳だったのですね。
| めりい | 2018/10/24 2:14 PM |
めりいさん
早速の訪問とコメントありがとうございました。

西郷頼母は、家老の身分であったので、日ごろから
万が一の時は、自決する覚悟を決めていたのでしょう。

会津は、藩主が京都守護職についていただけに
薩摩・長州軍からは、相当激しく責められたのでしょう。
一族の全員自決は、涙がでます。
| ラメール | 2018/10/25 3:23 AM |
頼母一家は、初めて知ったときはショックを受けました。
なにも女性たちまでもがこんな思いをしなくてもよいのではないかと。
今では考えられないことですね。
今回の大河は会津藩のことはスルーですので、当ブログだけでも扱っていきたいですね。
| しずか | 2018/10/25 8:17 AM |
しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

武士の一家は、ここまで覚悟を決めて生きていたのでしょう。
新政府軍兵士も助けるのではなく、介錯をして死ぬことを
助けた。
これも武士の情けなんでしょう。
| ラメール | 2018/10/25 12:15 PM |
コメントする