大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 円通寺 寛永寺から移築した黒門 | main | 戊辰戦争 会津藩の抵抗1 全員自刃 >>
円通寺 彰義隊の墓

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

また彰義隊士の墓があります。

彰義隊士の墓



慶応四年(1868)五月十五日上野の山内にて戦死した、彰義隊の遺体は「賊軍」がゆえ、戦場に散乱放置したままで在ったのを、当寺二十三世「大禅佛磨大和尚」が、上野の山に出向き、斬首覚悟で供養していた。勿論、官軍に拘束されるが、幸いにも当寺に埋葬供養を許すという官許をいただけた。
これが、逆に明治時代に唯一「賊軍」の法要が、おおっぴらに出来る寺として、旧幕臣の信仰を集める結果となった。
「彰義隊戦死者」は義商「三河屋幸三郎」の助力をえて、現在の西郷銅像の後方にて火葬(現在でも記念碑があるが、火葬場所で墓では無い)
遺骸266体を当寺に埋葬する。(円通寺サイトより)
 

 

IMG_1114 彰義隊士の墓

死節之墓


彰義隊の供養に尽力した三河屋幸三郎が向島の別荘に秘そかに立てて、鳥羽、伏見、函館、会津などの各藩士の戦死者の氏名を彫って供養をしていたが、当寺に移築されたもの。
やはり賊軍にて、おおぴらな供養が当時は出来なかった為と思われる。しかし官許のある当寺に移築する事により、彰義隊と合わせて供養が出来ることになった。

土方歳三、近藤勇、など九十七の名前と「神木隊二十八名」と彫ってある。(円通寺サイトより)

三河屋幸三郎の墓


文政6年生まれ。江戸神田の雑貨商。横浜での貿易で巨富をえる。上野戦争のあと,放置されていた彰義隊の戦死者を千住三ノ輪の円通寺に埋葬。三幸の通称で,侠商として旧幕臣らにしたわれた。明治22年5月5日死去。67歳。伊豆(いず)八丈島(東京都)出身。姓は浅岡。 (コトバンクより)
三幸、又は親分檀家などと呼ばれた、侠骨の義商。当寺に彰義隊士の遺骨を埋葬する際、金銭、人的に助力した、その後も法事の施主となるなど、旧幕臣の戦死者の供養に尽力した。「死節之墓」は三河屋の別宅に在った物。(円通寺サイトより)

大鳥圭介の墓



江戸末期〜明治初期の軍人,政治家,外交官。播磨(はりま)赤穂の医師の家に生まれ,緒方洪庵の適々斎塾を経て,江川太郎左衛門に師事。江川の推薦を得て幕臣となり,戊辰戦争では榎本武揚に従う。明治政府出仕後は開拓使御用掛,工部大学長,学習院長,華族女学校長などを歴任,1889年特命全権公使として清国に渡り,日清戦争前夜の外交工作を画策。(コトバンクより)

松平太郎の墓


旧幕臣・陸軍奉行、榎本武揚らと函館を占領した。
蝦夷島「副総裁」に選出される。(総裁は榎本武揚)
西洋かぶれと目される榎本・大鳥に反感をもっていた幕臣の票が集まった為と思われる。

土方歳三らと「一本木」にて交戦するが敗走し五稜郭に戻る。

最後まで抵抗を主張するが榎本に説得され降伏する。
のち、静岡に隠遁して余生を送る。(円通寺サイトより)

小芝長之助
IMG_1132 小芝長之助

将軍家御庭番を務めていたが、戊辰戦争が勃発し、慶応4年(1868年)4月11日に江戸城の無血開城が決定すると、憤激のあまり城内に放火して脱走した過激派。
榎本武揚艦隊の蝦夷地渡航に同行し、箱館政権(蝦夷共和国)下では探索役主任と陸軍奉行並土方歳三の管轄である箱館市中取締役を兼任。
土方の戦死の知らせを聞いて、本営五稜郭より一本木関門まで遺体を引き取りに行った。
箱館戦争降伏後、松江藩預かりとなり、明治4年(1871年)4月に赦免。晩年、東京三ノ輪円通寺の墓守として生活していた。
大正元年(1912年)頃、日野の土方家を突然訪れ、土方歳三の位牌を目の前にして泣き崩れたと言う。その4年後、死去。享年88。(Wikipediaより)

新門辰五郎の碑
IMG_1129 新門辰五郎

幕末維新期の侠客。江戸町火消しの元締。本名町田辰五郎。錺職人の子として下谷に生まれ,上野輪王寺の寺僧町田仁右衛門の養子になる。鳶人足から人足頭,町火消十番組の頭になり,浅草寺の門番も勤める。江戸の火消しには幕府の定火消し,大名火消し,裕福な町衆が金を出しあって雇う町火消しの別があり,町火消しは下位に立たされていたが,辰五郎は浅草の香具師,大道芸人などから入る金を背景に勇み肌の男たちを十番組に配し,柳川藩の大名火消し相手の喧嘩で18名を死傷させて勇名をはせ,この罪で江戸所払になる。夜な夜な妻妾のところに戻るのが露見して捕まり,拷問されたが屈せず佃島人足寄場に送られる。弘化3(1846)年の本郷丸山火事で佃島に火が入ると,囚人を小金井小次郎らと指揮して消火に貢献,赦免される。 娘が将軍徳川慶喜の妾になっている縁で慶応年間(1865〜68),子分300人を連れて将軍警備で京都に行く。京都では河原町,大坂では堂島に居を構え,妾も置いて,将軍お抱えの江戸の親分として羽振りをきかせた。鳥羽伏見の戦に敗れて開陽丸で江戸に敗走する慶喜から,大坂城に忘れてきた馬印の大金扇を取ってくることを命じられ,これを持って子分と共に陸路東海道を江戸に着いた。慶喜が水戸に謹慎になった際,2万両の甲州金を輸送し,徳川家の駿府(静岡県)移住にも付き従い,最後まで佐幕派の義理を守った。浅草の自宅で没。


余談ですが・・・1963年3月に発生しした吉展ちゃん誘拐殺人事件の被害者の遺体発見現場となったことでも知られ、敷地内に被害者の慰霊地蔵・よしのぶ地蔵があります。

IMG_1113 よしのぶ地蔵


一方、昭和13年、上野公園の寛永寺総門の黒門跡に、蜀山人の歌碑が建てられました。

 

| 東京 | 15:47 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 15:47 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
>日野の土方家を突然訪れ、土方歳三の位牌を目の前にして泣き崩れた
これは、土方歳三の本で読んだ事があります。
もうすっかり名前は忘れていましたが、小芝長之助という人だったのですね。

>新門辰五郎
この人は「西郷どん」の原作にも出てきます。
なにをするにも、すごいスケールの大きな人ですね。

>吉展ちゃん誘拐殺人事件
あ・・そうだったんですか
これは忘れられない事件ですね。

読み応えのある記事で、たいへん勉強になりました。
| めりい | 2018/10/18 1:14 PM |
賊軍の人たちの墓が残っているのがいいです。

ノーサイドになれば、敵も味方もなく、お互いを

讃えあうのがこの時の戦いだったのでしょう。

日本の最後の内戦のいいところが彰義隊の墓として

残っているのでしょう。
| ラメール | 2018/10/19 2:32 AM |
めりいさん、ラメールさん、コメントありがとうございました。

今まで「彰義隊」という言葉は知っていても、詳しいことは知らずでいました。
このお寺も訪ねてみて学ぶべことが多かったです。
Twitterでは、彰義隊の祖祖父を持つ方からコメントいただきました。その方は、生き延びて子孫を設けたそうで、当時の名前はわからないそうです。
| しずか | 2018/10/19 5:49 AM |
コメントする