大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 徳川慶喜と大阪城 | main | 鳥羽伏見の戦いの砲弾跡が残る妙教寺 >>
鳥羽伏見の戦い

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

慶応4年(1868)正月2日、旧幕府および会津・桑名両藩の兵からなる1万の大軍が、薩摩討伐の勅許を得るため大阪城から京の御所へ向けて進軍を開始しました。
そして翌3日、鳥羽街道小枝橋付で旧幕府軍と薩摩軍は対峙。

 

小枝橋付近

 

 

旧幕府軍は入京を阻止され、薩摩軍との間で長時間にわたって小競り合いになりましたが、夕闇迫る午後5時ごろ、ついに強行突破を開始。
その途端、薩摩軍の一斉砲撃が始まり「鳥羽の戦い」の火蓋は切って落とされました。

 

薩摩軍が布陣した鳥羽の「城南宮」

 

城南宮拝殿


城南宮西側石の鳥居

 

薩摩軍は、城南宮の石の鳥居から小枝橋に続く参道に大砲を4門設置し、川土手の竹藪や参道に銃を持った多くの兵を布陣させていました。

 

城南宮から200mほど離れた「秋の山」


当時この辺りには竹が一面に茂り、冬の夕暮れの闇に紛れて、ここにも多くの薩摩兵を潜ませていました。

薩摩軍は、言葉巧みに旧幕府軍を下がらせ、自軍に有利なこの場所で戦いを展開したといいます。

 

 

激戦地だったと伝わる赤池交差点

 

 


一方、鳥羽の砲声が伏見に届くと、伏見奉行所を包囲していた薩摩軍も一斉に砲撃を開始。

「伏見の戦い」も同時に始まりました。

 

薩摩軍が布陣した「御香宮神社」

 

御香宮神社にある伏見の戦い跡の碑」

 

 

桃陵団地の中に建つ「伏見奉行所跡」の石標


旧幕府軍の重要な戦略拠点で、会津兵や新選組などが布陣していました。

 


本願寺別院(伏見御堂)


会津兵が駐屯しました。

 

 

伏見奉行所から京へ向けて攻め上がろうとする旧幕府軍と、それを防ごうとする薩摩・長州の攻防で、伏見は両軍入り乱れる市街戦となりました。


両軍が激突した最前線に残る、料亭「魚三楼」の弾丸の跡。

 

 

しかし御香宮神社の高台に据えた薩摩藩の大砲が伏見奉行所を直撃。
伏見奉行所は炎上し、旧幕府軍は退却を余儀なくされました。

 

 

この日の深夜、西郷隆盛が戦場を視察し味方を鼓舞したと伝わります。

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント

鳥羽伏見の戦いの史跡が沢山あってそれをこの記事で見ることができ、
いかに激戦であったかがよくわかりました。

大河のストーリーから西郷の徹底抗戦に対して、
慶喜の逃げ腰体制では、勝敗は決まりました。

幕府軍の大将が家康だったら、勝利していたでしょう。
| ラメール | 2018/09/24 1:49 AM |
大河ドラマの流れが早く、なかなか追いついていけないのですが、めりいさんの記事は紀行より伏見の鳥羽伏見の戦いの跡をきちんとまとめてくださいましたね!
そういえばここも行ったなと思うところもありました。
次週は早くも江戸城無血開城( ゚Д゚)
次から次へと追い立てられますね(;・∀・)
| しずか | 2018/09/24 7:37 AM |
ラメールさん、しずかさん、コメントありがとうございます。
鳥羽伏見の戦いと言えば、西郷隆盛のいちばんハイライトの時代なので、きっと戦いの様子をじっくりと描かれると思っていたのですが・・期待に反してあっさり終わりました(T_T)
ドラマの展開が早すぎます(^^♪
ついて行けないですね。
| めりい | 2018/09/24 7:02 PM |
コメントする