大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 逃げの桂小五郎1 幾松宅 | main | 薩長同盟が締結された御花畑御屋敷跡 >>
逃げの桂小五郎2 出石(兵庫県)

JUGEMテーマ:大河ドラマ

京都から逃げた桂小五郎は、兵庫県出石で潜伏していました。その家が今も残っています。

 

桂小五郎が隠れ住んだ家跡

 

 

Photo_2

1864(元治元)年7月8日(旧暦6月)、長州、土佐藩中心の尊皇攘夷派の志士が集まっていた池田屋に新撰組が急襲し多くの志士が殺傷されました。桂小五郎は、屋根伝いに逃走、近くの対馬藩に逃げこんで助かりました。

同年8月(旧暦7月)の禁門の変(蛤御門の変)で長州藩は敗れて、長州藩士狩りが始まると桂小五郎は、出石に逃げて250日間潜伏生活をしていました。

桂小五郎は、逃げるのが上手かったようです。出石に会津藩の追手が来たときくと城崎(兵庫県城崎温泉)にも逃亡しています。

桂小五郎潜伏した家の辺り(桂通り)



 

出石城

昔のままの風情が残っている町で小京都と言われています。
 
古事記、日本書紀にも出てくる古からある街です。

 

辰鼓楼(しんころう 時を告げる塔)と古い建物が残っています


出石そば
江戸中期(1706年)に、信州上田藩仙谷氏が国替えとなり出石に入国しました。その時に信州のそば職人がそばの技法を持ち込み、出石そばができました。今では約50軒のそば屋があります

 
出石の町並み
| 兵庫 | 00:02 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
ラメールさん、木戸孝允ゆかりの出石にも行かれたのですね。

出石に潜む桂小五郎を呼び戻すため、苦労を重ねて旅をした幾松の話は有名ですね。

私もいつか出石を訪ねたいと思っています。
| めりい | 2018/08/26 10:41 AM |
めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

やっと風も収まって、少しは涼しくなったようです。
近くの海水浴場は、台風の影響でごみが流れ着き
清掃をするために遊泳禁止となりました。
今年の夏は、おわりそうです。

出石には、八重の桜と関係のある人がいたために、
そのときに行きました。
風情の残った雰囲気のある小さな城下町です。
出石そばの店がいたるところにあります。
| ラメール | 2018/08/26 11:38 AM |
以前、ラメールさんの出石の記事を読んで
行きたいと思いつつ、タイミングを逃していました。
今回久しぶりに読ませていただき、また行きたい虫が疼いています(;´∀`)
↑の観光マップを見ながら散策したら面白いでしょうね!
| しずか | 2018/08/27 7:28 AM |
コメントする