大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 古高俊太郎顕彰碑〜守山市 | main | 坂本龍馬 >>
岩倉具視幽棲旧宅〜京都市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

岩倉具視は、文政8年(1825) 前権中納言・堀河康親の次男として生まれましたが、14歳の時に岩倉家の養子に入りました。
岩倉家の家領は150石。洛北の岩倉に所領があったことから岩倉を名乗ったと言われています。

 

安政5年(1858) 幕府がアメリカと日米修交通商条約を結ぶにあたり、公家88人が列参して条約締結反対の建議書を提出、岩倉はその中心人物となりました。
これ以降、岩倉の政治活動は一躍注目されるようになり、公武合体を推進して皇女和宮の将軍家降嫁にも尽力ました。

しかしこれが尊皇攘夷派から激しい憎悪を受け、身の危険を感じた岩倉は文久2年(1862)官職を辞して、岩倉村に隠棲しました。

 

 

 

地下鉄「国際会館駅」から京都バスで「岩倉実相院」下車。
すぐ近くに、岩倉具視が隠棲生活を送った「岩倉具視幽棲旧宅」があります。


表門

 

 

 

白壁の塀に沿って通用門へと向かう途中、茅葺屋根が見えました。

 

 

通用門より中に入ると、なんと!ここより先は写真NG(◎_◎;)

 

 

屋敷内には、岩倉具視が住まいとした「鄰雲軒(りんうんけん)」、遺品などを収蔵した「対岳(たいがく)文庫」、遺髪を埋葬した「遺髪塚」、そしてお手植えの松が残る「お庭」などがありましたが・・

 

写真がないのでパンフレットを。

 

 

 

 

岩倉具視は隠棲したとは言うものの密かに政治活動を行い、多数の志士たちがこの屋敷に頻繁に出入したといいます。
その中には、坂本龍馬・中岡慎太郎・大久保利通・品川弥次郎などもいました。

 

5年間に及ぶの隠棲生活の後、慶応3年(1867) ようやく洛中帰住が許され復職。
その後は朝議を主導して王政復古に尽力し、新政府の中心人物として大久保利通・木戸孝允・西郷隆盛らとともに活躍しました。

 

 

私は、岩倉具視はこの屋敷で密かに暮らしていたようなイメージを持っていたのですが、意外にも地域の人と交流し、明治維新後に東京に移り住んでも、京都に来た時には岩倉を訪れて旧交を温めたそうです。

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
めりいさん、急遽記事を作成していただきありがとうございましたm(__)m

岩倉具視が隠棲生活を送った家ですが、昨日のドラマに出てきた家に比べると、この外観っからは決して粗末な家には見えません。
中に入った感じはいかがでしたか?
まあ、ドラマだからオーバーにしているのでしょうが。

京都にあれだけ行っているのに、この辺りは自分にとって未開発なエリアでした(^_^;
いつか見学しに行きます。

鶴瓶さんと上の写真?のイメージが違いすぎる!(笑)
| しずか | 2018/08/13 9:07 AM |
しずかさん。
実は私も、ドラマの中の岩倉邸があまりに質素なので驚きました(◎_◎;)

パンフレットの中で一番大きく写したのが、岩倉具視が住まいとした鄰雲軒です。
二間続き座敷で、そのガラス戸の周りのデザインが素敵でしょ?
普段は中に入れないようですが、特別公開のこの時期には座敷に入って、同じ角度から見学できました。

貧乏公家とは言うものの、この当時の庶民から見れば、かなり贅沢な暮らしだったように思いました。
| めりい | 2018/08/13 10:19 AM |
TVに映った岩倉家と違いすぎるので、この記事が
真実を伝えるのに役立っています。

幕府が権力を持った時代ですが、公家にはそれなりの
領土があったのですね。

ドラマがあまり知らない幕末をテーマーにしているので
面白い展開が続いています。
次回が楽しみです。
| ラメール | 2018/08/13 11:49 AM |
週刊西郷どん12号にNHK得意の360度ギャラリーが
久しぶりに登場していました。

場所は、あの貧乏屋敷の岩倉邸です。
あの場面が何回でてくるかわかりませんが、
本格的なセット岩倉屋敷です。
| ラメール | 2018/08/13 12:03 PM |
ラメールさん。
岩倉具視の貧乏公家を強調するあまりに、かなりボロボロの屋敷のセットになっていましたね。
テレビでは部分的にしか見られないですが、週刊誌の写真ならじっくり隅々まで見られて、面白いでしょうね。

鶴瓶さんの演技で、岩倉具視のイメージがガラリと変わりました。
これからも度々登場されるでしょうが、ドラマが明るく展開していきそうな感じです(^^♪
| めりい | 2018/08/14 5:09 PM |
コメントする