大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 池田屋騒動2 古高俊太郎 | main | 岩倉具視幽棲旧宅〜京都市 >>
古高俊太郎顕彰碑〜守山市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

古高俊太郎は、よく長州藩士と誤解される事が多いのですが、実は近江国栗太郡古高村(現:守山市古高町)出身の勤王の志士です。

幕末、京都河原町で桝屋喜右衛門を名乗り、長州藩の間者として情報活動と武器調達にあたっていました。

しかし元治元年6月8日(1864年7月8日)新選組に踏み込まれて逮捕され、壬生屯所の前川邸で新選組の近藤勇・土方歳三から拷問を受けました。

それにより「京を追われた長州藩が、御所に火を放ち、佐幕派の公家を幽閉し、大名を殺害し、天皇を長州へ連れ去る」という計画が暴露され、ここから池田屋事件が起こりました。

古高俊太郎が自白したかどうかは、今も謎です。



その後、古高俊太郎は六角獄舎に収容されましたが、7月20日(8月21日)に禁門の変によって大火が起こり、火災に乗じて逃亡することを恐れた役人によって斬首されました。享年36歳。

 

 

古高俊太郎の出身地(守山市古高町)にある福寿院

 

その境内に、古高俊太郎顕彰会によって建てられた顕彰碑があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

| 滋賀 | 11:14 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:14 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
めりいさん、記事のアップありがとうございました。

そうそう、前に古高俊太郎が守山市の出身だと知って驚いたことを思い出しました。
しかし、世にはあまり知られていないような・・・

凄まじい拷問を・・・というのを聞くだけでぞっとします(;゚ロ゚)
それにより自白したというのをよく目にしますが、実際は謎なのですね。
| しずか | 2018/08/04 7:42 AM |
古高俊太郎氏の出身地記事で滋賀県出身がよくわかりました。
滋賀県からも勤王志士がいたんですね。

京都の升屋で写真を写したときは、全く知識が
なかったのですが、よくわかりました。

新選組の拷問ですから、すさまじかったのでしょう。
よく耐えたと思います。絶対に自白はしてないでしょう。
明治になって正5位を贈られています。
| ラメール | 2018/08/04 12:48 PM |
しずかさん、ラメールさん。
私は新選組の土方ファンなのですが、敵対した古高俊太郎が地元守山出身の人なので、ちょっと複雑な気持ちです。
幕末のこの時代、日本の国の未来を思って行動した多くの若者が若くして亡くなったのは本当に残念です。
| めりい | 2018/08/05 7:13 PM |
コメントする