大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 大徳寺その3三玄院 | main | 高桐院その2(茶人:細川忠興三斎公) >>
高桐院(細川忠興・ガラシア夫人の墓)
高桐院(こうとういん)は大徳寺塔頭の一つです。
お寺と言うより茶人の屋敷の雰囲気があります。

細川家の菩提寺で、細川忠興(ただおき)と正室の明智光秀の三女玉子(ガラシア夫人)の墓
があります。
本能寺の変のとき、義父光秀より味方するようにとの要請を断り、妻・玉子をかくまった。
その後、秀吉に仕え朝鮮出兵などに参陣して武功をあげた。
関ヶ原の戦いでは、東軍に加わり三成と激闘し、その功によって1602(慶長7)年、家康から豊前小倉藩39万9000石に加増移封された。1632(寛永9)年、三男:忠利が肥後54万石の領主として熊本城に移封されると八代城を隠居所とした。

忠興は、1645(正保2)年に83歳で逝去。遺言により高桐院に埋葬された。

現当主は、元総理大臣の細川護熙(もりひろ)氏で、現在は政界を引退し陶芸作家として活躍されています。

高桐院玄関高桐院玄関

高桐院板

忠興ガラシア墓細川忠興と
ガラシア夫人の墓

忠興ガラシア墓板

細川家墓細川家の歴代当主の墓

細川家墓板

護熙氏ポスター左側が現当主の
細川護熙氏


FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking

クリックお願いします。


| 京都 | 03:42 | comments(4) | trackbacks(3) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 03:42 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
大徳寺には、歴史上の人物のお墓がたくさんあるのですね。
お寺は、歴史が刻み込まれているものですね。

ここは公開されていて、見られて良かったですね。
| merry | 2006/09/20 11:54 AM |
merryさんは、入られましたか。
数多いお寺の中で数少ない拝観のできる院でした。
拝観するのに400円はちょっと高いのではないですかね。

功名が辻に関連のある院でしたので、入れてよかったです。
江戸時代からそのまま現在に引き継がれてきたのではないかと思わせる風情がありました。
| lameru | 2006/09/21 2:42 AM |
いつもTBありがとうございます。

歴代当主の墓、さすがに立派ですね。
現代の殿は陶芸作家におなりでしたか!
それは存じませんでしたわ(^^;
お元気そうで何よりです。
| lovespoon | 2006/09/21 9:04 AM |
ラメールさん、お疲れ様です。
ブログ管理もありがとうございました。

ここは年中公開されているのでしょうか?
功名が辻ファンは見逃せない史跡ですね。
貴重な写真ありがとうございます。


| しずか | 2006/09/21 11:49 PM |
コメントする






この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
功名が辻
第三十七回「太閤対関白」 タイトルが正確でない。名と実は一致させよう。  第三十七回「太閤対関白」ではなく、 第三十七回
| Fere libenter homines id quod volunt credunt | 2006/09/20 11:58 PM |
功名が辻第三十七回「太閤対関白」〜これは「離間の計」では・・・・〜
豊臣家も、山内家も、そして現代においても 世継ぎ、後継ぎというのは難しいものですね。
| 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2006/09/21 1:44 AM |
功名が辻 第36話
『功名が辻』第36回、“豊臣の子”― 鶴松の急逝で豊臣家の情勢は一変、秀吉は天下安寧の為と称して明国への出兵を強行、秀次に関白の座を譲り太閤となりますが、茶々の再度男児出産で大望に燃える秀次くんはまたしても微妙な立場に立たされることに・・・。
| 月夜の浜辺 | 2006/09/21 8:53 AM |