大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    しずか (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    ラメール (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/18)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/16)
  • 南洲墓地の別府晋介の墓
    しずか (01/16)
  • 浜松市総合水泳場 ToBiO 田畑政治展(2)
    しずか (01/16)
  • 南洲墓地の別府晋介の墓
    ラメール (01/14)
  • 浜松市総合水泳場 ToBiO 田畑政治展(2)
    ラメール (01/14)
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 芝薩摩藩屋敷跡 | main | 橋本左内 >>
品川宿

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

11日の大河ドラマは、「篤姫はどこえ」でした。

 

密偵となった吉之助は、ヒー様の正体を調べるために品川宿の磯田屋にゆきました。

もう一つの話は、篤姫の教育係として幾島(南野陽子さん)の登場です。

 

 

品川宿は

江戸から始まる東海道の最初の宿場町で、海岸線が近いため港が栄え、遊興の場でもありました。近くには、薩摩藩邸があって、藩士や吉之助も通ったと思われます。ヒー様も船で通っていたようです。

京浜急行:北品川下車すぐです。

 

 

週刊西郷どん(Vol.10)では、品川宿:磯田屋のセットが360度で見れます。昔の宿の雰囲気がそのまま伝わってくるほどのセットです。ぜひ一度ご覧になってください。

 

 

 

| 東京 | 13:28 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 13:28 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
歴史は苦手なんで、いつも後回しになります。(録画)
| シネマ大好き娘 | 2018/03/15 5:01 AM |
シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

私も録画です。

3日くらい後で見る事多いです。

映画の録画したのは、1年以上置いています。
| ラメール | 2018/03/15 12:16 PM |
「週刊西郷どん」って本があるのですね。
これを読んでからドラマを見たら、より面白く見られるでしょうね。
私は「大河ドラマガイド」を読んでからドラマを見ています。
ただ、どこが紀行になるか、それを書いてほしいです。
| めりい | 2018/03/15 3:29 PM |
めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

週刊西郷どんは、NHKの「西郷どん」のなかに、あらずすじや紀行と同じように独立してコーナーを設けています。

今週は、磯田屋を360度写したものが見れます。
ここは、今後何回も出てくるでしょうから、
一度見ておくといいでしょう。
| ラメール | 2018/03/16 1:59 AM |
ラメールさん、記事をアップしてくださったのですね。
気づかなくてすみません。

品川は、学生時代よく行っていましたが、当時は品川の歴史など知りませんでした。

「篤姫」での松坂慶子さんの幾島がとても印象に残っているので、南野さんの幾島はどんなものだろうかと思っていましたが、結構迫力があってなかなか良かったと感じています。
| しずか | 2018/03/19 11:53 AM |
しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

篤姫のときの幾島は、松坂慶子さんでしたか。
あまり印象には残っていません。

3月11日「週刊西郷どん」で南野陽子さんが演ずるにあたっての心境を語っておられます。
「大冒険いたしました」その心構え通りの
登場でした。
| ラメール | 2018/03/20 2:05 AM |
コメントする