大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 東梅院ゆかりの「宗安寺」〜彦根市 | main | 高瀬姫のお墓がある「長純寺」〜彦根市 >>
井伊直孝の生母ゆかりの「圓常寺」〜彦根市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

井伊直政には、2人の男の子がいました。

嫡男は、正室「花(東梅院)」の産んだ「直継」

もう一人は、正室の侍女「阿こ(養賢院)」の産んだ「直孝」です。

 

「阿こ」の父は、正室の父・松平康親に仕える下級武士「印具徳右衛門高重」だとされています。

 

しかも「直継」と「直孝」はほぼ同時期に出生。

正室が激しく怒ったと伝わります。

 

「阿こ」は実家に戻され、駿河国中里(焼津市)で直孝を出産。

その後正室をはばかって、母子は苦労をしたようです。

 

 

 

彦根市城町にある「圓常寺」は、彦根3代藩主となった井伊直孝が生母「阿こ(養賢院)」を祀るために建立したお寺です。

 

 

自分が立派な武将になることが出来たのは母君のお陰であるとして、直孝が開基となり薫誉路寛上人が開山となって建立されました。

この薫誉路寛上人というのは、井伊直政の三女北條直子の孫だそうです。

 

 

本堂は元禄17年(1701)と寛保3年(1747)の二度の火災の後、豊郷町四十九院から移築されたと伝わります。

それから270年の月日が経過しています。

内部には煌びやかな内陣があり、鎌倉時代の快慶の作と伝わる阿弥陀如来立像が安置されていました。

また「養賢院」の位牌も見せて頂きました。

 

僧侶の方(住職さん?)が詳しく案内して説明して下さったのですが、写真はNG

 

 

お庭だけ写真を撮らせて頂きました。

 

大正時代のガラス越しに見るお庭もまたステキです。

 

拝観料は200円。こんな可愛いお土産をもらいました。

 

 

 

 

お庭の観世音菩薩と鐘楼

 

 

 

道が狭いので、車を停められるかと心配していたのですが、こんな広い駐車場がありました。

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 滋賀 | 16:53 | comments(10) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 16:53 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
井伊家の歴史をしるにはお寺を調べればいいと言うことですね。

直政の子供、一人は殿さん、一人は隠れて生活した。

井伊家は、名前に「直」がつくので、話がごちゃごちゃになって

誰がと言う区別がつきません。

親切な案内の方に巡り合えるもんですね。

| ラメール | 2017/12/30 12:07 PM |
ラメールさん。
私も今年のはじめの頃は、直平、直宗、直虎・・・さっぱり分からなくて混乱していましたが、ドラマが終わる頃になってようやく分かるようになりました。

しかし今書いている記事は、直政より後の世代の話。
ややこしや〜ややこしや〜
| めりい | 2017/12/30 4:56 PM |
私もここに行きましたが、中は拝観していません。
こんな感じなのですね!
ドラマの紀行では、彦根の紹介が少なかったので、
ちょっとがっかりしていますが、どうやら続編というか番外編の企画が
ありそうな予感(^^ゞ
続編を望む声をもっとNHKに届けましょう!
| しずか | 2017/12/31 9:22 AM |
しずかさん。
大河ドラマが新選組の時、その続編として土方歳三を主に五稜郭を舞台にしたスペシャル番組がありましたね。
そんな風に井伊直政のドラマが企画されるといいですね。
| めりい | 2017/12/31 2:40 PM |
直孝のお母さんのあこさんと、直政のお姉さんの高瀬の夫、川手主水良則のお墓を探しています。
あこさんがどこで亡くなって、どこにお墓があるのか。川手主水良則はどこで亡くなって、どこにお墓があるのか、知りたいです。ご存じなら教えてください。
| あみ | 2018/10/03 10:28 PM |
わたしは彦根在住です。円常寺さんには何度か行っています。
あこさんのお位牌があることは、彦根市史に載っていましたので知ってました。
お寺を訪ね、奥様がおられたので位牌のことを訪ねたら知らないということでしたが、めりいさんのブログで、あこさんのお位牌があることを確信しました。また近いうちに訪ねます。
| あみ | 2018/10/04 8:14 AM |
円常寺の若い、晋山式をおえられたばかり?のご住職さんに、あこさんのお位牌があるかお尋ねしたら、ないというお話でした。
めりいさんが見られたお位牌の置いている場所は本堂のどのあたりですか?
どんなお位牌でしたか?
ぜひ教えてください。
| あみ | 2018/10/04 9:38 AM |
あみさん、コメントに気づくのが遅れて申し訳ありません。
阿こさんと川手主水良則のお墓がどこにあるのか、それは私も知りません。
しかし私も、阿こさんがどんな人生を送ったのか、どうして亡くなったのか、とても興味があります。

阿こさんのご位牌は、圓常寺・本堂の左側の奥にありました。
30cmくらいの大きなものだったと記憶しております。
住職さん(お若い方)の案内で見せてもらったので、間違いないと思います。

もしかして「あこさん」じゃなくて「井伊直孝の母」と言えば、分かってもらえるのでは?と、思ったりもします。
| めりい | 2018/10/05 3:47 PM |
めりいさん、お返事ありがとうございます。
昨日、円常寺でお位牌を調べさせていただきました。
めりいさんがご覧になられたお位牌は、三人の連名になっていて、真ん中にあこさん、向かって左に直孝、右に直政の戒名がある黒いお位牌だと思います。
このお位牌は、前々住職が築城400年祭のころ、今から約10年前に作られたものだと思います。

| あみ | 2018/10/06 9:18 PM |
あみさん
そうですか、養賢院のご位牌だと思っていたのですが、3人の連名でしかも10年ほど前に造られたものですか。
黒いご位牌に金色の文字が書かれたもので、そう言えばとても綺麗でした。まだ新しい物だったのですね。
| めりい | 2018/10/08 8:20 PM |
コメントする