大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 昊天和尚ゆかりの「龍潭寺」〜彦根市 | main | 東梅院ゆかりの「宗安寺」〜彦根市 >>
井伊直政の生母ゆかりの「天寧寺」〜彦根市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

彦根駅東口から歩く事15分。

山手に向かって急な坂道を登りきると、彦根11代藩主井伊直中が建立した「天寧寺」があります。

 

 

 

 

 

天寧寺は、京の名工駒井朝運を中心とした仏師が刻んだ五百羅漢の寺として有名です。

 

 

・・が、実は天寧寺は、元々は井伊直政の生母(奥山朝利の娘「しの」とも「おひよ」とも)の菩提を弔う「崇徳寺」というお寺でした。

 

「崇徳寺」は、直政の生母の戒名「永護院殿蘭庭崇徳大姉」からつけられた寺号で、彦根城下の上藪下(京町3丁目)に建立されました。

 

直政が建立したとも、3代藩主井伊直孝が明暦年間(1655〜1658)に建立したとも伝わります。

 

直孝から見れば、直政の生母は祖母にあたります。

 

 

そして160年余りの月日は過ぎ、文政2年(1819)彦根城下にあった「崇徳寺」は、井伊直中によって、彦根城をのぞむ風光明媚なこの地に移され、「天寧寺」となりました。

 

 

法堂(本堂)と、その前にある「羅漢石庭」

 

 

境内には「井伊直弼公供養塔」をはじめ、「長野主膳の墓」「村山たかの碑」「井伊文子夫人顕彰歌碑」など、井伊家の歴史を語る多くの石碑がありました。

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

| 滋賀 | 12:49 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:49 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
龍潭寺といい、この天寧寺といいなかなか立派なお寺です。

長い年月がたってもお寺の建物や創建の謂れなど

きちっとされているのが井伊家がどれだけ伝統を守って

きたかがわかります。

昔の殿さまは、万能かと思っていましたが、自分の過ちを

認めることがあるんですね。
| ラメール | 2017/12/27 11:28 PM |
今年の秋、数年ぶりに訪ねました。
彦根駅から自転車で向かったら坂が急で引いて上がりました(..;)
映画「関ヶ原」のロケにもなったそうで、今年はまた注目されているようですね。
この五百羅漢の壮大さを撮影するのがなかなか難しい!
アングルを変えながら四苦八苦していました。
| しずか | 2017/12/28 10:17 AM |
ラメールさん、しずかさん。
今まで何気なく見ていたお寺にそれぞれ歴史があることを、今年は特に感じた一年でした。
彦根はお城をはじめ、いろんな映画のロケ地となっているようですね。
何度行っても彦根には新しい発見がありますね。
| めりい | 2017/12/28 12:48 PM |
コメントする