大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 直政ゆかりの「長松院」〜彦根市 | main | 昊天和尚ゆかりの「龍潭寺」〜彦根市 >>
井伊家の菩提寺「清凉寺」〜彦根市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

彦根城下の東に、彦根藩主井伊家の菩提寺「祥壽山 清凉寺」があります。

 

清凉寺は、慶長7年(1602)彦根藩初代井伊直政の死去により、その墓所として創建された曹洞宗のお寺です。

 

「祥壽」の山号、「清凉」の寺号は、ともに初代藩主井伊直政の戒名「祥壽院殿清凉泰安大居士」に由来しています。

 

 

 

3代目藩主・井伊直孝が、上野国箕輪から高僧愚明正察(ぐみょうしょうさつ)を招いて住持とし、直政以降、彦根で亡くなった歴代藩主やその一族が埋葬されました。

 

 

 

境内は石田三成の家臣であった島左近の屋敷跡といわれ、背後には三成のお城があった佐和山があります。

 

本堂

 

 

客殿

 

 

禅堂

江戸時代にはもっと大規模な修行道場があり、埋木舎時代の井伊直弼も参禅したと伝わります。

今でも毎月座禅会が行われているそうです。

 

 

島左近の屋敷の頃からあるという樹齢五百年余りのタブの木。

娘に化けるという怪奇伝説が残ります。

 

 

 

本堂裏の高台を登ると、井伊家歴代の墓所があります。

前列に、歴代藩主の墓石7其が整然と並び、その奥と南側に一族のお墓があります。

 

 

前列の真ん中あたり、玉垣で囲われているのが井伊直政のお墓です。

 

藩主の墓石7其とも無縫塔形で見分けがつきませんが、唯一直政公のお墓だけ囲いがあるのが目印です。

 

井伊家歴代藩主とその一族は、国許である彦根の菩提寺「清凉寺」と、江戸の菩提寺「豪徳寺」の大きく分けて2カ所に埋葬されています。

唯一4代藩主直興だけは、永源寺の南嶺慧詢に深く帰依したため、側室とともに永源寺を墓所としました。

 

このように墓所が国許と江戸に2分されているのは、参勤交代の制度に下に、国許と江戸に居住するという幕藩体制下の大名のあり様を明瞭に示す貴重な資産として、平成20年、「清凉寺」「豪徳寺」「永源寺」の井伊家墓所3ヶ所が併せて国の史跡に指定されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 滋賀 | 14:43 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:43 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
直虎から直政に移った井伊家、家康への貢献大きく

大発展していくのがよくわかりました。

清凉寺の客殿は、見事なものですね。

徳川家に仕えて、幕末まで、幕府の中心として

働いたのが井伊家が繁栄して続いた原因なんでしょう。

滋賀県では、井伊家はいまでも親しみをもたれているのでしょう。
| ラメール | 2017/12/26 2:14 AM |
そうそう、ここはお墓の区別がつきにくいですね。
私はとりあえず写真を片っ端から撮っておいて
後でネットで調べました。
それでも見分けが付きにくかったです(..;)
今年は参拝者が多かったそうですね。
| しずか | 2017/12/26 11:20 AM |
ラメールさん。
今まで彦根の井伊家はお殿様・・というイメージを持っていましたが、今年の大河ドラマを見て、お家を再興させるために大変苦しい歴史があった事を知りました。
そしてそこには家康の大きな力があったこともよく分かりました。
だから井伊家は、子孫末代まで徳川幕府に貢献したのでしょうね。

もう40年くらい前ですが、井伊家の方が長く市長をされていました。
彦根市の方は、やっぱり井伊家に親しみを持たれているようですね。
| めりい | 2017/12/26 11:33 AM |
しずかさん。
清凉寺は観光寺院ではないので、誰のお墓なのか案内がなくて困りました。
戒名も薄くなって読めないし、もっとも文字がはっきりしていても読めないけど(笑)
同じ形のお墓が並んでいるという事は、ある時期に全部立て替えられたという事なんでしょうね。
すっきりと整ったお墓ですね。
| めりい | 2017/12/26 11:43 AM |
コメントする