大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 直虎の母裕椿尼 | main | 徳川秀忠公誕生の井戸 >>
家康が生まれた岡崎城

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

 

徳川家康は、天文11年(1542)三河国岡崎城主・松平広忠の長男として岡崎城で生まれました。

幼名は竹千代。

母・於大は、三河国刈谷城主・水野忠政の娘でした。

 

松平氏も水野氏も駿府の今川氏に与していましたが、水野忠政亡き後、家督を継いだ兄・信元が織田方についたため、松平広忠は今川氏をはばかって於大を離縁するより仕方がないように追い込まれました。

 

於大はこの時17歳。

夫とまだ乳飲み子の竹千代を残して、岡崎を去って行きました。
 

 

岡崎城

 

 

城の前にあるのは、家康の遺訓「人の人生は重荷を負いて遠き道をゆくがごとし・・」

 

 

礎石 (田中吉政時代の天守の心柱の礎石だそうです)

 

 

天守台の石垣

 

 

5階の展望室から眺める景色

 

 

 

 

お城の庭には、家康公の「えな塚」があります。

 

 

そして家康公「産湯の井戸」

 

実家に帰った於大は、その後知多郡阿古居城の城主・久松利勝に再嫁し、3男3女をもうけました。

 

一方竹千代は、6歳で人質として駿河の今川氏へ行く途中で織田方に捕らえられ、その後人質交換で織田から今川に引き渡されるなど、苦難の幼少時を過ごしましたが、母・於大は何かと竹千代を気遣い、絶えず音信を取り続けたといいます。

 

その後竹千代は今川氏の元で元服し、今川氏一族の娘・瀬名(後の築山殿)と結婚。

1560年の桶狭間の戦いで、今川義元死去を機に岡崎に帰った時には19歳になっていました。

 

そして織田氏と同盟した家康は、於大を母として迎え、母が再婚した久松俊勝とその息子3人に松平姓を与えて家臣としました。

 

別れて暮らしても、母子の絆の強さがしのばれる話ですね。

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(8) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
3男3女〜昔は、たくさん子供産むんですね〜
| シネマ大好き娘 | 2017/11/13 4:39 AM |
シネマさん。
3男3女、それに家康を加えると全部で7人。
でも、私の母は11人兄弟ですよ。

戦争中は大勢の子どもが生まれて、戦いに駆り出されたようです。
| めりい | 2017/11/13 11:01 AM |
めりいさん、昨日のドラマを見て、初めて家康が気の毒に感じました。
今までは、狸親父に描かれることが多かったですが、今回の阿部サダヲさんの
家康は、どことなくぼんやりとしていて、温和な人物となっていますね。
幼少期から苦難の連続だった家康ですが、母の気遣い、愛情は感じながら育ってきたのでしょう。
| しずか | 2017/11/13 11:50 AM |
「おんな城主」も後半に入って、直虎の活躍する場が
なくなってきました。万千代もまだストーリーの中心では
ありません。

ここからは、家康が中心もストーリーとなっていくので
しょうか。
家康も天下をとるまでは、苦難の道だったのが
今回のストーリーでよくわかりました。
| ラメール | 2017/11/14 2:07 AM |
しずかさん。
今年の阿部サダヲ家康は、温厚でいつもぼーっとしていますが、さすがに前回のドラマでは真剣な様子が描かれていましたね。
あんなに必死の家康は、今年のドラマでは初めてです。

於大は15〜16歳くらいで家康を生んで、17歳で離縁されたのですね。
いまなら高校生。
考えられない時代ですね。
| めりい | 2017/11/14 7:27 PM |
しずかさん。
いつもぼーっとしているような家康様も、前回のドラマでは真剣な表情を見せてくれましたね。

家康の母・於大は、13歳くらいで嫁いで、15歳くらいで家康を生んで、17歳で離縁されたのですね。
今でいえば高校生ですが、当時のこの年齢の人はしっかりしていたのですね。
| めりい | 2017/11/14 7:33 PM |
しずかさん。
昨日コメントが反映されなかったため二度書いたのですが、今日それが両方アップされていてびっくり!

管理人さん、消してくださいねm(_ _)m
| めりい | 2017/11/15 9:51 PM |
ラメールさん。
直虎の歴史の記録が少ないので、とうとう話題がなくなったようですね。
そんな時に、直虎の遠縁にあたる築山殿の事件はちょうどいい話題です。
今、家康にスポットが当たっているのはそのためでしょう。

その先の中心人物は直政様かな?
| めりい | 2017/11/15 9:58 PM |
コメントする