大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 富士山本宮浅間大社 | main | 渭伊神社 >>
井伊谷城跡

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

直虎の紀行で、井伊谷城跡が紹介されたので、再アップします。

井伊谷城を見学する際は、引佐協働センターの駐車場を利用できます。

井伊谷城は、標高約115m、丘陵に築かれた井伊氏の城館です。
井伊氏の本拠地は、井伊谷城とその山麓にあった居館に加え、最終的な詰め城である三岳城で構成されていました。
現在は城山公園として整備されており、土塁などの遺構が見学できます。

 

 

井伊谷城跡(城山公園)

井伊氏は、平安時代の在庁官人からはじまり、中世には国人領主として、
浜松市北区一帯(引佐、細江、都田)などを治めました。
南北朝の動乱期(1336~1392)には、この地に宗良親王(後醍醐天皇の皇子)を迎え、
南朝方の活動拠点としました。
戦国時代には当地の支配権を巡って、今川、武田、徳川の各勢力が争い、
当主である井伊氏は大きく翻弄されました。
とくに、永禄5年(1562)に井伊直親が謀殺された後には適齢の男子がなく、
井伊氏は存亡の危機を迎えました。
この時に、城主としてふるまったのが、女性領主、井伊直虎です。
天正3年(1576)直虎は直親の子である虎松(のちの井伊直政)を徳川家康に引き合わせ、
井伊氏再興の道を開きました。
                       平成28年3月 北区まちずくり推進課

駐車場の裏側が登山口となっており、ここから上がっていきます。

 



以前と比べて随分整備されました。

途中に城山稲荷や見晴らしポイント、休憩所があります。

 





結構急な坂道が連続しています(..;)

休憩なしで、約10分で山頂へ到着。

 



ゆっくり登れば、15分程度だと思います。

 







井伊谷城跡(城山公園)

井伊谷城はこの地の領主である井伊氏が築いた山城です。
標高約115mの山に、単郭式の曲輪が築かれています。
山頂の半北半分は自然の地形を残し、南半分は平に均されています。
曲輪の周りには土塁がめぐり、南側と西側に出入り口をもちます。
南側の出入り口は大手に西側の出入り口は搦め手に相当します。
大手口の両側には土塁が高く築かれており、防御を固めています。
井伊氏の本拠地は、井伊谷城とその麓にあった城館に加え、
最終的な詰め城である三岳城(井伊谷城の北東2kmに所在)で構成されていました。
江戸時代の記録によると、井伊谷城は「御所の丸」と呼ばれていました。
南北朝の動乱期(1336~1392)に、南朝方の拠点として宗良親王(後醍醐天皇の皇子)
を擁した場所と関連づけられていたことがうかがえます。
                       平成28年3月 北区まちずくり推進課


御所丸跡



南側は展望台があります。

 

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

| 静岡 | 08:00 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
井伊谷城址への登り口が綺麗に整備されていますね。
ゆっくり登れば15分だけど、しずかさんは10分で登った・・かなり健脚です。

南側展望台からの眺めがいいですね。
直虎もこの景色を見たのでしょうか。

お天気なら・・私も登りたかったです(T_T)
| めりい | 2017/08/07 9:16 AM |
5分の違いは、なんじゃろか〜!!
| シネマ大好き娘 | 2017/08/08 3:14 AM |
めりいさん、シネマ姉さん、コメントありがとうございます!


たしかこの時は時間があまりなくて、気合いで登ったように記憶しています(^_^;

大河の影響で整備されたのでしょうが、以前とまるで雰囲気が変わり驚きました。
人ともすれ違いましたし、散歩がてらに展望台まで行くのも良いですね。
5月に来ていただいた時、雨でなければご案内したかったです。
| しずか | 2017/08/08 7:34 AM |
6日の大河紀行で紹介されたところで、やっと登場したの
と言う感じです。

このお城の歴史は古そうですね。

登り道が絨毯を敷いたように整備されているのに
驚きました。

山登りは苦手なので、今回紹介していただき
お城の雰囲気がよくわかりました。
| ラメール | 2017/08/08 1:08 PM |
ラメールさん、コメントありがとうございした!

ここは、自分の中でもう紀行で紹介されたつもりでいました。
まだだったのですね!

おっしゃる通り、登り道が整備されて、かなり登りやすくなりました。
草がボーボーでは、例のマダニやヒアリが心配ですものね(..;)
| ラメールさんへ | 2017/08/09 8:03 AM |
コメントする