大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 松下屋敷跡 | main | 富士山本宮浅間大社 >>
頭陀寺

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

 

松下屋敷のすぐ近くに「頭陀寺」があります。

 

頭陀寺は飛鳥時代に建立された古寺で、戦国時代は今川氏の庇護のもとに繁栄していました。

往時には多くの塔頭寺院をかかえ、寺域も広く、門前には市場もたちました。

 

頭陀寺仁王門

 

本堂

本堂の大師像は、徳川家康公の寄進を受けて造立されたものです。

 

 

松下稲荷堂

松下屋敷より移設されたものです。

 

 

 

境内奥には、頭陀寺城ゆかりの「豊臣秀吉」「徳川家康」「井伊直政」三人の少年像があります。

 

 

 

少年時代の秀吉(左)は、松下屋敷に3年間奉公したとの記録があり、また家康(中央)は、今川氏の人質となっていた少年時代に中村代官屋敷より馬で度々頭陀寺を訪れていたといいます。
少年時代の井伊直政(右)もまた、母の再婚相手である松下清景の養子となって、出世の糸口をつかみました。

 

 

永禄 7 年(1564)、頭陀寺は今川氏に反攻した松下氏や飯尾氏らとの攻防で炎上してしまいましたが、後年、縁のあった豊臣秀吉、徳川家康の寄進により復興しました。

 

 

 

 

頭陀寺前の案内板

 

 

案内板の地図の部分をズームアップしてみました。

頭陀寺を中心に、数多くの諸坊と松下屋敷があった事がわかります。

 

松下屋敷は頭陀寺の境内にあったので、この辺り一帯は「頭陀寺城」とも呼ばれました。

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 静岡 | 23:18 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:18 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
ずだじと、読める人いるのかなあ〜!
| シネマ大好き娘 | 2017/07/30 4:43 AM |
浜松市民でも「ずだじ」と読める人は、一部かもしれません。
しかし、今年は虎松くんの大活躍で、この頭陀寺も有名になり
最近では団体客で見学に来ているようです。
「豊臣秀吉」「徳川家康」「井伊直政」の象はもう少し大きいもので
あったらよかったのにね〜
3体ともなるとかなりかかるのかな?
| しずか | 2017/07/30 8:24 AM |
シネマさん、しずかさん。
「頭陀寺」と書いて「ずだじ」・・なかなか読めませんね。

でもパソコンならすらりと変換できました。
これには逆にビックリ。
知る人ぞ知る有名なお寺なのでしょうね。

三人の像、確かにもう少し大きい方がいいかも(^_-)-☆

| めりい | 2017/07/30 10:11 AM |
コメントする