<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

井伊亀之丞ゆかりの地(1)松源寺

[ 長野 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

井伊亀之丞ゆかりの地と桜守の旅のバスツアーに参加してきました。

 



遠鉄観光のバスで、浜松から飯田へ。

 


浜松を7時15分に出発し、11時に松源寺に到着。

 



松源寺は、井伊直虎の許婚である亀之丞(井伊直親)が今川氏から命を狙われ、松岡氏の庇護のもと匿われた寺です。

松源寺が創立されたのは、永正8年〜10年頃(1511〜1513)とされ、開基は松岡城主・松岡貞正、開山は貞正の実弟・文叔瑞郁禅師。
当時の寺は、牛牧村の寺山に建てられました。
その後、消失、移転、再建を繰り返し、現在の本堂は明治33年(1900)に再建されたものです。

山門は、江戸時代中ごろ大風で倒壊しましたが、残った部材を使い再建され、現在、高森町有形文化財に指定されています。

 




本堂



ここから中に入ります。

 



本堂に入ると、亀之丞の肖像が飾られています。

 

 



今川義元に命を狙われていた亀之丞は、渋川の東光院に身を潜めましたが、そこでも命を狙われ、南渓和尚が自浄院(龍潭寺の前身)の住職を務めた文叔瑞郁禅師が開山した伊那谷高森町の松源寺に逃げるように指示しました。
亀之丞は、松源寺で、9歳〜20歳までの12年間を過ごしました。そこで、亀之丞は、松源寺の住職から学問を教わり、松岡城の侍たちから武術や弓馬の稽古をつけられて育ちました。

亀之丞は「青葉の笛」を手にすることも多くなり、故郷を偲んで笛を吹いていたといいます。また、笛を教えてもらったお千代とは深い仲になり、子どもを儲けたとのお話も伝えられています。
20歳になった亀之丞は井伊谷に戻り、井伊直親を名乗り、虎松(後の井伊直政)を儲けますが、27歳で今川に謀殺されてしまいました。

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

2017.04.17 Monday 01:35 | comments(2) | - | 
<< 掛川古城と龍華院 | main | 井伊亀之丞ゆかりの地(2)松源寺 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.04.18 Tuesday 01:35 | - | - | 
シネマ大好き娘 (2017/04/18 2:44 AM)
27歳は、悲しすぎる〜
しずか (2017/04/18 11:00 AM)
シネマ姉さん、昔のことを思うと、現代人は長生きし過ぎですね(^_^;