<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

井伊直平の墓

[ 静岡 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

井伊直平の死には諸説あり、『井伊家伝記』によると、永禄6年(1563年)今川氏真が父・義元の弔い合戦をしかけ、直平に三河への出陣を命じました。氏真より遅れて井伊谷を出た直平は、浜名湖の西岸を南下し、白須賀で陣を敷いていました。そのとき、遠州灘の強風が災いし、直平の軍勢から出火。火はたちまち燃え広がり、白須賀のあちこちの集落が焼き払われてしまいました。
これを氏真は、井伊直親の殺害を氏真が命じたことの件で恨みを抱き、直平が謀反を企てていると疑いました。三河吉田まで出陣していた氏真は陣をたたみ、掛川城まで撤退しました。

氏真は直平に今川の家臣だった社山城の城主・天野左衛門尉を攻めるように命じ、直平が出陣の支度を整え、引馬城主の飯尾連竜の妻のお田鶴の方の接待を受け、毒茶を勧められた挙げ句、有玉旗屋の宿にて落馬し服毒死しました。

そのほかに、連竜が直平に毒薬を進め直平は服毒死したとか、敵の急襲を受け討死したとか直平の死は諸説あります。
また直平の死後、従者の大石作左衛門が直平の遺体を故郷の川名に馬で運び、橋の上で、鎧を脱がせ、そのすぐ山に葬り、小さな祠を建て、作左衛門は殉死しました。
鎧を脱がせたことから、その橋は鎧橋を呼ばれ、現在も残っています。

 

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 






鎧橋からすぐのところに、直平の廟所入り口を見つけたのですが

 



入り口が恐すぎます(..;)

この先に、民家があることを聞いていたので、勇気を出して進みました。

 



お〜あった〜(^^ゞ

 

 

花も備えられており、きちんと管理されています。

 

 

2017.04.01 Saturday 08:00 | comments(3) | - | 
<< 龍潭寺井伊直親〜家臣の墓 | main | 井伊直平を祀る渓雲寺 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.04.18 Tuesday 08:00 | - | - | 
シネマ大好き娘 (2017/04/01 3:51 AM)
入口怖すぎ〜〜>_<
めりい (2017/04/01 8:58 PM)
こ・・これは、怖いですね。
このトンネル、どのくらいの長さでした?

トンネルを抜けると開けているようですね。
しずか (2017/04/02 2:24 AM)
シネマ姉さん、めりいさん

それほどの長さではありませんでしたが、先が見えないのは恐怖ですね!
トンネルを抜けると・・・そこはお墓でした(..;)