大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 北条氏政・氏直 | main | 功名が辻9月3日「北条攻め」 >>
旭姫・・・(京都を歩く)
戦国の女性たちは「お家のために」嫁ぎ、平和外交のため重要な役割を果たしたが、その人生は不幸な事が多かった。
秀吉の妹「旭姫」もまた、大変不幸な人生を送ったひとりと言えよう。
人生50年の時代に、43歳で離縁させられて、「お家のため」知らない土地へ嫁いでいくとは、何という気の毒な事であろう。
同情して余りある。

京阪「鳥羽街道」駅を降りて15分ほど歩くと、東福寺南明院の前に「徳川家康公正室旭姫墓在院」と書いた道標がたっている。
浜松に再嫁した旭姫のお墓が京都にあるという事は、戻ってきたという証拠である。
大河ドラマの中では家康の寵愛を受けたとされていて、少し心温まるものがあったが、史実はそうではなかったようである。
旭姫の墓


FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking

よろしくお願いします
| 京都 | 00:00 | comments(12) | trackbacks(6) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
merryさん、お忙しい中、記事のUPありがとうございました。
あの紅葉で有名な東福寺ですよね?
何回も東福寺には行ったことがありますが、あそこに旭姫の墓所があったとは知りませんでした。

大政所の看病を理由に聚楽第へ行き、そのまま家康の元に戻らなかったということは、夫婦仲は良くなかったのでしょうね。

| しずか | 2006/09/03 12:25 AM |
こんなところに旭姫の墓があるのですか。

史実を証明するものがあるとドラマも見ながら

歴史の展開を考えやすいです。

あまり見ることの出来ない史跡ですね。
| lameru | 2006/09/03 1:22 AM |
旭姫も本当に可愛そうな人生を送った一人ですね。『merry』さんはじめ皆さん史跡探すの凄いですね。私は偶然の出会い(笑)で見つける程度ですからね。
| ヤス | 2006/09/03 11:30 AM |
ヤスさん、こんにちは!

いやいやそんなことないですよ。
ヤスさんの旅日記では私が見逃したり見落としたりしたところをちゃんとレポしてますもの。写真の撮り忘れも多いです。
| しずか | 2006/09/03 11:44 AM |
^め^こんばんは!

 まじ紅葉の綺麗な「東福寺」ええな〜今年また

 行こうかな?
| ヒロシです〜 | 2006/09/03 7:06 PM |
ほんと気の毒でしたよね〜、、、ドラマでは今回亡くなってしまいましたし。少しだけでも、彼女の夫であったと自分に置き換えたら、心が痛くなりますね。
| てれすどん2号 | 2006/09/03 10:24 PM |
こんにちは。
旭姫はいつの間にか豊臣家に戻っていましたが、家康とはやっぱりうまく行かなかったようですね。
| スペードのA | 2006/09/03 10:33 PM |
この記事はmerryさんが担当されましたが、merryさんがお忙しいので私が代わりにコメントを返させていただいきます。

ヒロシさん、こんばんは!
秋の東福寺は紅葉で賑わいますね。
今度行ったらこのお墓、チェックしなくちゃ!

てれすどんさん、こちらにもコメントいただきありがとうございます。

旭と甚兵衛、悲しい別れでした。
彼女も歴史の犠牲になった女性の一人ですね。

スペードのAさん、こんばんは!

家康とは合わなかったのでしょうね。
大政所の看病に行ったのに自分の方が病気になってしまったなんて・・・不幸な女性だったのですね。
| しずか | 2006/09/03 10:46 PM |
こんばんは!鳥羽街道に旭姫のお墓があるんですね〜。
知りませんでした。。。
僕は商売柄、伏見稲荷へ行くことが多いんですが、今度寄ってみようかな??
旭姫も今回でいなくなり、また寂しくなりますね。。。
| りっきー | 2006/09/03 11:22 PM |
りっきーさん、こちらにもコメントありがとうございます。

私もmerryさんの記事を見るまで知らなかったのですよ。
何回も行ってるところでも知らないことがどんなに多いか・・・まだまだ勉強不足です。
| しずか | 2006/09/03 11:58 PM |
はじめまして。
静岡市(駿府)にも旭(朝日)姫のお墓があるんです。
家康の居城、駿府城(現駿府公園)の近くのお寺で、瑞龍寺といいます。(寺号は旭姫の法名=瑞龍院殿光室総旭大禅定尼=にちなむということだそうです。)
旭姫は家康に(信長の命とも)殺された先の正室、築山殿同様”駿河御前”ともよばれたとか。
大政所の病気見舞いに上洛し、その後病に臥し天正十八年(1590年)に亡くなられたそうですね。


| candle_march | 2006/11/13 11:37 PM |
candle_marchさん、コメントありがとうございます。

旭姫のお墓の情報ありがとうござます。
私も静岡県人なのですが、静岡にはあまり行ったことがないのでいつかゆっくり廻りたいと思います。
このドラマも最終回に近づいて来ましたが、ブログは毎日更新していますので、よろしかったらまた訪問してくださいね。よろしくお願いします!




| しずか | 2006/11/15 1:30 AM |
コメントする






この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
巧妙が辻(第35回)
針は…針は…旭ーーっ!!本日の「巧妙が辻」は,前半が副田甚兵衛の話,後半が小田原征伐の話,といった構成でしたが,はっきりいって後半戦は見るべきところがほとんどなく,サブタイトルには申し訳ありませんが,私にとっては前半がすべてでした!よって,今回のコメ
| 果報は寝て待て! | 2006/09/03 10:24 PM |
功名が辻のすばらしさを語ろうの会 こんな回もあるんやろうけど、、、。
う〜ん、今日はほんまに書くことないね。ま、たまにこういうことあるのが功名が辻やけどね。有名人物が主人公じゃないのはメリットもあるし、もちろんこういうデメリットもある。ポイントポイントでレビューしてみましょうか
| 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  | 2006/09/03 10:24 PM |
【功名が辻】第三十五話
ごめんなさい。前半、つまらな。。。。。。。以下略。副田甚兵衛を市場で見かける千代。旭姫が病床に伏しているから、一緒に大阪城へ行きましょうと。。。え〜。。。勝手にそんな事していいの〜。。。しかも、副田甚兵衛の読み上げる手紙には、ますます驚き。。。そなた
| 見取り八段・実0段 | 2006/09/03 10:54 PM |
小田原城、陥落。。。〜功名が辻・第35話〜
 今回の功名が辻・第35話では、いよいよ秀吉軍が大軍を引き連れて、関東の雄・北条氏へと攻め入って行きます。  北条氏は、北条早雲を祖として小田原城に本拠地を置き、その版図を関東一帯へと広げていった戦国大名で、かつては武田・今川 両家と三国同盟を結んで
| りっきーのブログ日記 | 2006/09/03 11:20 PM |
功名が辻:第35回「北条攻め」
分かりました!最近どうも『功名が辻』に気持ちが入らない理由が。 カッコイイ男(の
| 食う♪読む♪歩く♪ | 2006/09/04 9:55 PM |
「功名が辻」第35回「北条攻め」
「北条攻め」と言いつつ、小田原城の北条の人々は誰も出てこなかったような気がするのですが・・・。 京の町で針商いをしている副田甚兵衛を偶然見かける。 お付きの者たちに甚兵衛を見張らせ、千代は家に戻り旭から預かっていた手紙を取りに行く。 甚兵衛は目の前
| つれづれ さくら日和 | 2006/09/05 5:04 PM |