<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新野左馬助を祀る左馬武神社

[ 静岡 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

新野氏は、現在の御前崎市新野を拠点とした鎌倉御家人・新野太郎に始まり、その後、鎌倉末期以降、今川氏の祖国氏の三男俊氏の子俊国が、新野氏の名跡を継いだものと考えられています。  

新野左馬助親矩(にいのさまのすけちかのり)は今川氏の一族であり、新野舟ヶ谷城の城主で新野村三千石を治めていました。親矩も新野新城(舟ケ谷城)の城主として今川氏に出仕していました。

左馬助は、井伊直虎の母親(祐椿尼)の兄にあたり、妻は奥山因幡守の妹。
親矩は井伊氏の縁戚であったこともあり、妹の娘で井伊家の家督を継いだ直虎や、徳川方へ寝返った嫌疑により今川氏真に討たれた井伊直親の遺児・虎松(後の井伊直政)を保護しました。

桶狭間の戦いの後、今川家は急速に衰え、三河国の松平元康などの離反が相次ぐ中、左馬助は今川家に忠節を尽くしましたが、永禄7年(1564年)、今川家に謀叛を起こした飯尾連龍の引馬城を攻め、天間橋(安間橋)付近で討ち死にしました。

虎松は、後に井伊直政となり、関ケ原合戦後、彦根18万石城主に出世。直政は、命の恩人である新野左馬助に報いるため、左馬助の息女を直政の重臣に婚礼させています。

また、井伊家においては、幕末になり、34代・井伊直中は、その子・井伊中守(大老・井伊直弼の兄)に新野左馬助親矩の名跡を相続させ、新野家を再興します。
                   
名跡相続後、新野村に左馬助の墳墓調査を行い、間蔵に墓石を発見しますが、この地が現在の左馬武神社です。

昨年、御前崎の新野左馬助の里を訪ねました。

こちらが観光案内所です。
あいにくこの日は休館日のようでした。

 

 



が、ここに周辺案内図や、外にも資料があるので、助かりました。

 







ここから車で数分行くと、小高い山に建つ神社が左手にあります。

IMG_0351 左馬武神社

左馬武神社(さまたけじんじゃ)は、地元住民から「情けの武将」として慕われる新野左馬助を祀っています。

急な階段が続きますが、整備されています。

 



周りは茶畑です。

 

 


左馬助の墓とされる五輪塔

 







境内からの眺め

 



「新野左馬助公顕彰会」により管理され、毎年4月に手もみの新茶が献上されています。

(御前崎市商工観光課パンフレット参照)

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

2017.03.21 Tuesday 11:18 | comments(3) | - | 
<< 寺野六所神社 | main |

スポンサーサイト

[ - ]
2017.03.21 Tuesday 11:18 | - | - | 
ラメール (2017/03/21 1:03 PM)
新野左馬助と言われてもよくわかりません。
しかし、史跡がしっかり残って、地元の人から慕われて
いるのがよくわかります。

おんな城主 直虎 ついにおかっぱ頭の直虎登場ですね。
次回から、雰囲気の変わった直虎の活躍が楽しみです。
めりい (2017/03/21 4:12 PM)
以前、御前崎灯台に行ってきたと聞いたことがあるけど、この件だったのですね。

それにしても新野左馬助親矩の妻も奥山氏。
親戚でガチガチに固められていますね(笑)

井伊直弼は自らのルーツを辿って、墳墓などを整備し、祖先やお世話になった人の供養をしていたのですね。立派ですね。
しずか (2017/03/21 11:09 PM)
ラメールさん、めりいさん、コメントありがとうございました。

御前崎といえば海、灯台のイメージしかなかったので、山間部の新野に行ってみて、こんなところもあったのだとびっくりしました。

この新野左馬助の協力がなかったら、井伊家の存続は危ぶまれていたでしょう。