<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大樹寺

[ 静岡 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

永禄3年(1560年)桶狭間の戦いで、今川義元を失った今川軍は潰走、拠点の大高城で織田方の水野信元の使者からの今川義元討死の報を聞いた松平元康(のちの徳川家康)は、岡崎の松平家の菩提寺・大樹寺に手勢18名ととも逃げ込みました。

しかし寺を囲んだ追撃の前に絶望した元康は、先祖の松平八代墓前で自害して果てる決意を固め、第13代住職登誉天室に告げると、登誉は問答の末「厭離穢土 欣求浄土」(おんりえどごんぐじょうど)」の経文[汚れなき世を築くために生きよ」の教えを説いて諭しました。これによって元康は、生き延びて天下を平定し、平和な世を築く決意を固め、教えを書した旗を立て、およそ500人の寺僧とともに奮戦し郎党を退散させました。以来、元康はこの言葉を馬印として掲げるようになります。こうして元康は、今川軍の元での城代山田景隆が打ち捨てて空となった古巣の岡崎城に辿り着いたとされています。

大樹寺の歴史

応仁元年(1467年)、松平氏宗家第4代当主の松平親忠が井田野合戦の死者を弔うために千人塚を築きました。しかし、塚が振動し、悪病が蔓延するなどの事態となり、増上寺開山聖聡の孫弟子勢誉愚底(せいよぐてい)に念仏をさせて抑えたといいます。
文明7年(1475年)、戦死者供養のため松平親忠の開基、勢誉愚底の開山により大樹寺が創建されました。「大樹」とは征夷大将軍の唐名であり、松平氏から将軍が誕生することを祈願して、勢誉愚底により命名されたと伝わるものです。
親忠により大樹寺は松平氏の菩提寺とされ、松平郷の高月院にあった墓から分骨され、先代3代である松平親氏墓、松平泰親墓及び松平信光墓が大樹寺に作られました。
天文4年(1535年)、松平氏宗家第7代当主松平清康により再興され、一層方形二層円形の多宝塔が建立され、現在、国の重要文化財となっています。

山門



寛永18年(1641)徳川家光建立(県指定文化財)
楼上に後奈良天皇の勅額「大樹寺」(重要文化財)が掲げられ、釈迦三尊16羅漢を安置しています。

 



本堂



松平家と徳川幕府の庇護のもと隆盛を誇っていた大樹寺も、安政2年(1855)幕末の騒然たる時代に、出火により本堂、庫裏、書院など主要建物が全焼し、後に約2〜3割減の規模で再建されたそうです。


鐘楼



寛永18年(1641)3代・徳川家光公建立。楼上の大鐘は9代・家重改鋳によるもの。

松平八代墓

 



元和元年(1615)徳川家康は、先祖松平八代廟所を寺内に建立しました。

 



元和3年には家康の一周忌が営まれ、現在の墓の姿が整ったとされます。

昭和44年には岡崎市民が家康の徳を顕彰して遺品を納めて墓と碑を建立しました。

徳川家康の墓

 

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

2017.03.17 Friday 11:21 | comments(4) | - | 
<< 虎松(井伊直政)ゆかりの子育て地蔵と梛の木 | main | 亀之丞(井伊直親)が青葉の笛を寄進した寺野宝蔵寺観音堂 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.03.28 Tuesday 11:21 | - | - | 
ラメール (2017/03/18 12:30 AM)
家康は、逃げ込んだ大樹寺で、天下平定の決心をして

立ち上がった場所なんだ。

ここが底辺でここから天下目指してすすんでゆく
場所なんですね。

しずか (2017/03/18 9:37 PM)
ラメールさん、コメントありがとうございます!

家康は、横からすっと天下を取った印象を持たれがちですが、実は命が危ない場面が何度かあったのですね。
ここでの命拾いがなければ徳川の天下はなかったのですね。
めりい (2017/03/19 1:38 PM)
大樹寺には、歴代徳川将軍と同じ背丈の位牌があるそうですね。
それを見たいと思いながら、岡崎城から伊賀八幡宮まで自転車を走らせたのですが、力尽きてしまいました(笑)
またいつか、今度はバスで行きたいと思っています。
しずか (2017/03/19 4:33 PM)
めりいさん、コメントありがとうございます!

ここはバスの方が良いでしょうね。
自転車では遠かったと思います。
私はこの日、中を拝観する時間がなかったので、外だけ見て駅へ向かうこととなりました。
また岡崎に行く機会があれば、今度はそのご位牌を見学したいです。