<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎松(井伊直政)ゆかりの子育て地蔵と梛の木

[ 静岡 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

龍潭寺の境内にある子育て地蔵


虎松の無事成長祈願仏

永禄5年(1562年)虎松の2歳の時、父の井伊直親は今川氏真の手に掛かり 掛川城下で殺されました。

虎松も今川氏に命を狙われましたが、井伊直虎の母の兄である新野左馬之助(親矩)が、今川氏真や寿桂尼に助命嘆願し、虎松を保護。虎松は、親矩のもとで母と暮らすことになります。

しかし、虎松の行方については諸説あり、永禄7年(1564年)、左馬之助が引馬城攻めで討死し、そのまま親矩の妻のもとで育てられたとも、井伊直盛の正室・祐椿尼と実母が養育したともいいます。

永禄11年(1568年)、武田氏が今川氏を攻めようとした際、家老の小野但馬守が今川氏からの命令として、虎松を殺し、小野が井伊谷の軍勢を率いて出兵しようとしたため、虎松を出家させることにして、左馬之助の叔父が住職をしていた浄土寺、さらに三河国の鳳来寺に入れました。

 



虎松の人形


また、虎松ゆかりの梛の木もあります。





梛の木

 井伊家24代井伊直政(幼名虎松)幼少の頃井伊家の安泰を念じて植えられた御神木です。
 1560年(永禄年間)当時の井伊家は、22代直盛の戦死、23代直親が誅殺され、家老小野但馬の謀反など受難の時期でした。
 直政母子は龍潭寺松岳院に身を寄せ、お地蔵様を祀りその傍らに「なぎの木」を植えて我が子の安泰を日々念じたといわれます。
 「なぎ」は風や波が穏やかになる例えで、昔から厄除け災難が収まるとも云われています。

直虎と虎松

 

 

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

2017.03.17 Friday 01:52 | comments(5) | - | 
<< 虎松誕生 井伊直政出世の地 | main | 大樹寺 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.04.18 Tuesday 01:52 | - | - | 
ラメール (2017/03/17 3:08 AM)
虎松が生れて直虎が後継者として育てる話が

出てくるのでしょう。

おんな城主としての直虎の活躍が見たいです。
シネマ大好き娘 (2017/03/17 4:25 AM)
虎松人形かわいいですね!
しずか (2017/03/17 11:18 AM)
ラメールさん、シネマ姉さん、コメントありがとうございます!

井伊家の貴重な男子として、大切に育てられたのでしょう。

これから虎松を人気子役の寺田心うんが演じますね。
どんな風に育っていくのか楽しみです。
めりい (2017/03/19 1:26 PM)
子育て地蔵や梛の木を見ると、一粒種の虎松を、みんなで守って育てようという切ないまでの願いを感じ取ることが出来ます。
病気などで子供の死亡率が高い時代ゆえに、元服した時の喜びはさぞかし大きかったでしょうね。
しずか (2017/03/19 4:34 PM)
めりいさん、ここまで井伊家の男性は命を狙えあれて落とすことが続いたので、虎松だけはという思うが強かったのでしょうね。