<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎松誕生 井伊直政出世の地

[ 静岡 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

永禄4年(1561年)2月19日、井伊直親と奥山朝利の娘との間に長男・虎松(後の井伊直政)が誕生。

しかし、父の直親は、直政の生まれた翌年の永禄5年(1562年)に謀反の嫌疑を受けて今川氏真に誅殺されてしまいます。
当時、虎松はわずか2歳であったため、井伊直虎が井伊家の当主となります。

天正3(1575)年,浜松城下で徳川家康に見いだされ、虎松を万千代と改めます。
さらに旧領である井伊谷の領有を認められ、家康の小姓として取り立てられました。

元服後は、2井伊直政と名を変え、「井伊の赤鬼」と呼ばれるようなり、やがて徳川四天王の筆頭となり、彦根に出世。

龍潭寺の境内に、井伊直政出世の地の碑があります。

井伊直政公出世の地の碑




 徳川四天王        
    井伊直政
 
徳川四天王とうたわれた井伊直政は、永禄4年(1561)2月9日井伊の庄祝田で名門井伊氏の嫡男(あととり)として生まれました。2歳の時に父直親が今川氏真の手により殺され、井伊家は滅亡の危機に立ちます。8歳の時、直政は龍潭寺南渓和尚の計らいで、三河鳳来寺に預けられ成長します。
 15歳になった直政は、浜松城主徳川家康の家臣となり数々の武勲を立てます。天正10年武田勝頼を攻め滅ぼした家康は、旧武田軍の「赤備」の軍を直政に付けます。天正12年(1584)小牧・長久手の戦いで、この赤備部隊が活躍し、井伊の赤鬼と恐れられました。この功で直政は6万石に出世、井伊家の再興を果たしました。
 慶長5年、関ヶ原合戦で
は東軍の軍監(監督)を勤め徳川軍を勝利に導き、彦根18万石城主となり、徳川軍団の筆頭に出世しました。
 慶長7年(1602)2月1日、直政は42歳の生涯を閉じました。

 

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

2017.03.14 Tuesday 11:46 | comments(5) | - | 
<< 岡崎城 | main | 虎松(井伊直政)ゆかりの子育て地蔵と梛の木 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.04.18 Tuesday 11:46 | - | - | 
ラメール (2017/03/14 11:19 PM)
いよいよ直虎が井伊家の当主となり、井伊家が活躍する
時がきましたね。

直虎が徳川四天王としての井伊家を育てあげる
ときがきました。
直虎が活躍する場面がふえてくるのでしょう。
しずか (2017/03/15 10:09 PM)
ラメールさん、コメントありがとうございました。

いよいよ虎松、のちの直政が誕生し、井伊家が動き出してきました。
この人が無事育たなかったら、井伊家はどうなっていたのでしょうね。
めりい (2017/03/16 7:30 PM)
めりい (2017/03/16 7:34 PM)
今回の大河ドラマを見ていると、井伊直政の誕生が井伊家にとって希望の光であったことがよく理解できます。
お家が繁栄するか断絶するかは、生きるか死ぬかのように紙一重なのですね。
しずか (2017/03/17 1:47 AM)
めりいさん、コメントありがとうございました。

直政が誕生するまでの直親夫婦の葛藤を思うと、かなりの重圧だっと思います。
戦国の世には、跡継ぎができるかできないかによって、お家の存続に関わっていたのですね。