<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

桶狭間古戦場公園〜名古屋市

[ 愛知 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

名鉄「有松駅」から南に歩いて15分。

ここに、駿河・遠江・三河の三国を支配する有力大名・今川義元が、尾張の小大名・織田信長に討ち取られたという「桶狭間古戦場」があります。

 

永禄3年(1560)5月19日、駿河の今川義元が2万5千(諸説あり)の大軍を率いて尾張に迫ると、織田信長はわずか2千足らずの兵で奇襲をかけ、義元を討ち取りました。
戦国時代の勢力図を塗り替えるこの一戦が展開されたのが、ここ桶狭間です。

当時、桶狭間山の裾野であるこの辺りは深田であったといわれ、そこに足を取られた義元は、信長軍にあっけなく首をはねられたといいます。


桶狭間古戦場公園には、織田信長と今川義元の銅像があります。

 

 

公園の片隅にある「今川義元戦死の地」

この右側の墓石は、昭和28年(1953)に偶然発見されたもので駿公墓碣(すんこうぼけつ)」と刻まれています。

造られた年月は不明で、当時の村人が敗軍の将を弔うことをはばかり墓石を埋めてひっそり供養したものではないかと言われています。

 

 

「義元公 首洗いの泉」

今川義元公の首級をこの泉で洗い清めたと言われています。

 

 

 

首荒いの泉の後方から道に出ると、今川義元が本陣を置いていた桶狭間山への案内板があります。

ただし現在、桶狭間山は開発されて住宅地となっているため山はありませんが、住宅の前の急な坂道や段差が当時を物語っています。

 

その住宅地の一角に「今川義元本陣跡」の碑がたっていました。

 

 

 

実は桶狭間古戦場は、ここ名古屋だけでなく、お隣の豊明市にもあります。

 

次回は豊明市の「史蹟桶狭間古戦場」の記事を書きたいと思います。

 

 

    by めりい

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.06 Monday 00:00 | comments(4) | - | 
<< 清見寺(3)書院〜潮音閣 | main | 史蹟桶狭間古戦場〜豊明市 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.03.28 Tuesday 00:00 | - | - | 
シネマ大好き娘 (2017/03/06 2:17 AM)
首洗いの泉みたいかも〜!
しずか (2017/03/06 11:22 AM)
めりいさん、記事の作成ありがとうございました。

優勢だと思われていた今川勢でしたが、気を緩めた瞬間を織田勢に急襲されてしまいましたね。
昨日のドラマでは「真田丸」での本能寺の変のようにあっという間に終わってしまい(゚Д゚)

ここのブロンズ像なかなかかっこいいですよね。

今では公園や住宅地になっていて、この辺りで大規模な戦があったとは、想像しにくいですね。

めりい (2017/03/06 1:07 PM)
シネマさん。

>泉みたいかも
泉飲みたいかも・・と読んでしまいました(◎_◎;)
めりい (2017/03/06 1:22 PM)
しずかさん。
ブロンズ像は、太陽光線により真っ黒になってしまいました((+_+))
考えてみれば、私が撮った壇之浦の義経像も勝竜寺のガラシャ像も、みんな真っ黒です(T_T)
写真を撮るためには、時間帯を考える必要があると、つくづく反省しています。