<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

華陽院 家康の祖母・源応尼の墓

[ 静岡 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

静岡市葵区鷹匠の華陽院

 

 

境内には、徳川家康の祖母・源応尼の墓があります。

 



源応尼の実名は「お富の方」、または「お万の方」といいます。

明応元年(1492年)誕生した源応尼は、はじめ、三河国刈谷城城主・水野忠政に嫁いで水野忠重や於大の方ら3男1女を生みました。しかし、岡崎城城主・松平清康がその美しさに目をつけて、松平氏が水野氏を破ったときの講和条件として譲り受けたといわれています。
清康の死後、三河の諸豪族に次々に嫁ぎましたが、夫に先立たれ、駿河国の大名・今川義元を頼って駿府に入り、出家して源応尼と名乗ります。

竹千代(後の徳川家康)が今川氏の人質として駿府に送られると、竹千代が元服するまでの8年間、その育成にあたりました。
法名は華陽院。

当寺・華陽院は、知源院とよばれていたものを華陽院の法名により改めたもの。

 

 

by shizuka
 



2017.02.25 Saturday 16:14 | comments(3) | - | 
<< 竹千代の元服を行った静岡浅間神社 | main | 清見寺(1)今川義元の帰依を受けた清見寺 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.03.21 Tuesday 16:14 | - | - | 
シネマ大好き娘 (2017/02/26 4:23 AM)
近くならいってみたいです!
めりい (2017/02/27 1:57 PM)
華陽院って、モダンな建物ですね。
家康が今川氏の人質となっていた時、祖母が養育したとは聞いていましたが、ここにお墓もあるのですね。

>清康の死後、三河の諸豪族に次々に嫁ぎ
戦国時代は、若くして戦死する男性も気の毒ですが、残された女性もまた過酷ですね。
しずか (2017/02/28 11:06 AM)
シネマ姉さん、めりいさん

ここは、昨年何となく行ったお寺なのですが、この前の紀行で紹介され、慌てて記事にしました。

由緒あるお寺ですが、近代的な造りの本堂に驚きました。

この他に家康の五女や側室のお墓もあります。