大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 豊臣牢人五人衆:長宗我部盛親 | main | 高松神明神社 真田幸村(信繁)の知恵の地蔵尊 >>
明石全登ゆかりの岡山城

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

岡山城は、大坂五人衆の一人、明石全登ゆかりの城です。

 

 


戦国時代、宇喜多秀家に仕えていた全登は、家老として、岡山城で政務を取り仕切っていました。

 

 

 



全登は、関ヶ原の戦いで、斬り死にしようとした主君・秀家を諫めて大坂城へ退くように進言し、殿軍を務めました。
戦後、岡山城に退くますが、城はすでに荒らされていて、秀家とも連絡が取れずにそのまま出奔。
宇喜多氏が没落し浪人となった全登は、キリシタン大名であり、母が明石一族である黒田如水の下で庇護されたといわれています。
文字色慶長19年(1614年)、大坂の陣が起こると信仰上の問題で豊臣方として参陣。
翌慶長20年(1615年)の夏の陣では、道明寺の戦いに参加。全登隊は水野勝成・神保相茂・伊達政宗勢と交戦して混乱に陥れ、この戦いで全登は負傷。
天王寺・岡山の戦いでは、旧蒲生氏郷家臣の小倉行春と共に全登は300余名の決死隊を率いて、家康本陣への突入を狙っていましたが、天王寺口で友軍が壊滅したことを知ると、水野勝成、松平忠直、本多忠政、藤堂高虎の軍勢からなる包囲網の一角を突破して戦場を離脱。その後の消息は不明。(Wikipediaより)

岡山城は、慶長2年(1597)宇喜多秀家によって築城されました。

 


三層六階の堂々たる天守閣は織田信長の安土城天主閣を模して築かれたと伝えられ、不等辺五角形の天守台をしています。

岡山城の別名は、黒い下見板張りの外観から烏城(うじょう)と呼ばれています。

戦前、国宝であった天守閣は戦災で焼失し、現在のものは再建です。

地階から6階まであり、5〜6階が展望台になっています。

4階まではエレベーターで行けるので楽ですよ。

展望台からの眺め


展示物は、撮影OKなところとNGなところがあります。

ここでは、大名のお籠に乗って撮影ができます!

 


衣装体験も・・・

 


江戸時代の町人・商人の暮らしぶりが再現されています。

 


月見櫓


国の重要文化財。
元和・寛永年間(1615-1632年)に建てられたもので、現存しています。

周辺には、土塀の礎石に狭間が作られており、当時の最新式の設備と言われています。
 

| 岡山 | 11:09 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:09 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
昨夜紀行で岡山城が映ったので、え?どんなつながり?とびっくりしました。
明石全登は、宇喜多秀家の家臣だったのですね。

しかもしずかさんの記事によると、関ケ原の合戦のあとは官兵衛の元にいた?

知らない事ばかりです(笑)

大坂の陣のあとは行方不明・・
身を隠して、残りの人生を全うしたと思いたいですね。
| めりい | 2016/12/05 6:58 PM |
めりいさん、こんばんは!

昨夜の紀行を見てびっくりしました。
私は繋がりをまったく知らなかったので、めりいさんいお願いしようかとも思ったのですが、調べてわかることだけ書いた次第です。
昨年行ったのに、知らないことばかりでしたね(^_^;)
| しずか | 2016/12/05 10:47 PM |
豊臣五人衆の中でも特に分からないのが明石全登です。
よみかたもよくわかりませんでした。そのまま「ぜんと」と読めばよかったんだ。

今回、やっとこの人のことが少しわかりました。

しかし、備前市の明石全登宅跡までの資料はないですね。

この記事で、明石全登のこと知らない人が少し分かってもらえるでしょう。
| ラメール | 2016/12/06 1:14 PM |
ラメールさん、コメントありがとうございました。

岡山城に行った時に、この明石全登のことを頭に入れておいて見学していれば良かったのですが・・・

またの機会に、明石全登宅跡も訪ねてみたいです。
| しずか | 2016/12/06 3:03 PM |
コメントする