大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 長谷寺(上田)の真田昌幸の墓 | main | 松代の旧前島家住宅(1) >>
高野山奥の院

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

「高野山奥の院」参道には、皇室関係をはじめ各宗の開祖、戦国武将などのあらゆる供養塔が2kmにもわたって並んでいます。

 

その中から「真田丸」ゆかりの登場人物をピックアップしてみました。

 

まず、一の橋を越えてしばらく進むと「小田原北条家」の供養塔が見えてきます。

「北条氏政」とその嫡男「氏直」の供養塔もこの中にあるのでしょう。

ドラマの中の「氏政」、独特の存在感がありましたね〜

 

さらに進むと「武田信玄・勝頼」の供養塔

真田昌幸にとって、武田信玄は偉大で、絶対的なものだったのでしょう。

ドラマには直接登場しなくても、その存在の大きさが表れていました。

また、その子勝頼にとっても信玄は偉大すぎる父親。

父亡き後、勝頼はその重責を果たせず、武田氏は衰退して勝頼は非業の最期を遂げました。

 

その斜め向かいに「上杉謙信・景勝」の廟墓

上杉謙信の跡を継いだ景勝。

真田と敵対したり手を結んだり・・難しい戦国の世を生き抜きました。

 

さらに進むと「石田三成」供養塔

心から豊臣家を思い、関ケ原で戦いました。

 

そして「本多忠勝」供養塔

家康の家臣で猛将のイメージがありますが、ドラマの中では「稲」の父として優しい面も描かれていました。

 

 

中の橋を越えて少し歩くと「信州真田伯爵家」供養塔があります。

真田信之の子孫は代々松代藩主となり、明治を迎えると伯爵家となりました。

 

 

少し歩くと「千姫」供養塔があります。

徳川家康の孫である千姫は、政略結婚で豊臣秀頼の元へ嫁ぎます。

これから舞台が大阪に移り、千姫も登場することでしょう。

 

そして、さらに進むと「豊臣家墓所」

 

階段を上がって正面に見える五輪塔が「豊臣秀吉」の供養塔。

 

左右に小さな五輪塔が並んでいます。

 

秀吉の母・弟夫婦など豊臣家一族の供養塔が並び、また淀殿と推定されるものもあるようです。

 

御廟橋近くまで来ると「織田信長供養塔」

意外と質素ですね。

 

 

この他にも「明智光秀」や「伊達政宗」などの供養塔もありました。

まさに高野山奥の院は、名だたる戦国武将が一堂に会する場所なのです。

 

 

         by   めりい

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 和歌山 | 00:00 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
政略結婚でも、しあわせになれるのですね!

今日から、毎日仕事です〜

夏休みも、終わりました〜

がんばるで〜〜〜〜!!!
| シネマ大好き娘 | 2016/10/03 5:20 AM |
シネマさん。
千姫は、政略結婚で大阪城に住んだ頃は幸せとは言い難い生活だったけど、のち再婚して姫路城では幸せに暮らしました。
| めりい | 2016/10/03 10:11 AM |
戦国武将のお墓のパレード、よくこれだけ写されましたね。
高野山に埋葬されれば、敵も味方も仲良くなるんですね。

10月2日真田丸、なんとなく一話が終わりました。
突然、海外から帰ってきた女子、以前にどこかで
出ていたのでしょうか。

真田紐は元は、輸入物だったとは、以外です。
| ラメール | 2016/10/03 12:32 PM |
めりいさん、真田丸のメインキャストの墓の紹介ありがとうございます!

奥の院、墨から隅まで見学したいです!

この記事をプリントしていけば、ばっちりでしょうが、団体ともなると、見学するところが限られているようで、あれもこれもというわけにはいかないでしょうね。

三成、上杉、真田家墓所は行きたいな〜
| しずか | 2016/10/03 2:39 PM |
ラメールさん。
居並ぶ戦国武将の供養塔を見ると、高野山にお墓を立てるのがステータスだったのかなと思えます。
私も三成さんの横にお墓を立てたいわ(笑)

>海外から帰ってきた女子
豊臣秀次の娘として一度登場しましたが、奇想天外な再登場でした。
史実は多分違うと思います。

真田紐も、多分違うと・・
| めりい | 2016/10/04 7:29 PM |
しずかさん。
私も最初は友達と奥の院を歩いたのですが、思うように写真が撮れなかったので、もう一度ひとりで行きました。
参道に面しているお墓は分かりやすいのですが、奥の方にあるのは見逃しがちです。


| めりい | 2016/10/04 7:37 PM |
コメントする