大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 真田流罪の地高野山 蓮華寺 | main | 真田流罪の地九度山 くどやま大河展 >>
真田流罪の地九度山 昌幸死す
JUGEMテーマ:大河ドラマ
1600年(慶長5)年に起こった天下分け目の戦い:関ヶ原合戦で、西軍(石田三成方)に組した真田昌幸、信繁親子は、西軍の敗戦により死罪が処せられるところ、東軍(徳川家康方)についた兄:信之の助命嘆願で死罪は免れ、同年10月、父:昌幸と和歌山高野山蓮華定院へ流罪となりました。

同年冬、妻子との生活を許された真田親子は、高野山北側の麓の九度山に移り、そこで生活しました。その跡地に建つっているのが善名称院真田庵です。1611年(慶長11)、配流から11年、再起の夢かなわず、昌幸は病没しました。享年65歳。

 

 

 

昌幸公墓・400年忌碑(真田庵)

 

 

Photo

 


 

真田庵

 

 

 

 

 


 

 

 
以下は、真田庵宝物館に展示してある資料からです。

 

昌幸公

_r

信繁公
4_r
真田家家系図
11




幸村公大阪夏の陣使用槍先
3_r_2


 

蕪村句碑
炬燵して 語れ真田が 冬の陣
25

別に一句
かくれ住んで 花に真田が 謡うかな


 

 


1_r



真田の抜け穴
真田庵から東へ170mほどのところにあります。
大阪城に続いているとの伝説が残っています。

36_r

実際は、4世紀ころの古墳で、真田古墳と言われています。
Photo_2



1614(慶長19)年、豊臣秀頼公から徳川家康との戦いに「力を貸していただきたい」との依頼を受け、

「秀吉公の恩義に報いるためにも、喜んで協力いたそう。」

幸村は、息子:大助と共に14年間暮らした九度山を後にして、大阪城に入りました。

4_3




真田庵の地図は こちら
和歌山県伊都郡九度山町九度山1413


 

ダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤ

お城・史跡 ブログランキングへ
スペードハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペード
 

| 和歌山 | 02:53 | comments(7) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 02:53 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
息子に看取られしあわせでしたね!
| シネマ大好き娘 | 2016/09/27 4:47 AM |
真田庵・・・ここも来月見学予定です!
行く前の予習になります\(^o^)/
白い塀で覆われているのですね。

抜け穴伝説は、各地にありますが、真田のシンボルのようなものですね!

宝物館は撮影OKなのが嬉しいです。
| しずか | 2016/09/27 7:29 AM |
シネマさん&しずかさん
コメントありがとう。

シネマさん
戦国時代を生き抜いてきた歴戦の武将が、畳の上で
死んでいきました。歳も65歳ですから、当時としては
相当な高齢者なんでしょう。
家康の首を獲れなかったのが残念だったでしょう。

しずかさん
真田庵は、壁で囲まれています。
お寺ですが、小さな砦のような造りです。
抜け穴、真田なら造りそうですね。
高野山、九度山見学楽しんでください。

| ラメール | 2016/09/27 12:50 PM |
真田庵宝物館は写真okだったのですね。
私は多分ダメだと思って撮りませんでした。
残念・・・

3枚目の写真に写る人影。
影絵のようで、絵になってます。
| めりい | 2016/09/27 7:23 PM |
めりいさん
コメントありがとう。

博物館写真はは、御自由にどうぞという感じでした。

塀に写った人影、もっと意識して写しておけばよかったと、
後で感じました。

後で、後悔することが多い人生です。
| ラメール | 2016/09/28 1:56 AM |
小生も一度真田庵を見学していますが、ラ・メールさんほど詳しく撮影していませんでした!
| willy_tsuguo_shikata | 2016/09/28 6:47 AM |
shikataさん
コメントありがとう。

史跡って行ったときの状態で、写し方が違います。

ブログにアップしようと思って尋ねるといっぱい

写真写しますが、特に目的もなかったら、見るだけで

終わってしまいます。
| ラメール | 2016/09/28 11:04 AM |
コメントする