大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 信濃国分寺 第二次上田合戦 会見之地の碑 | main | 大谷吉継の首塚(米原) >>
九度山の真田庵

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

真田昌幸と信繁父子は、第二次上田合戦には勝利したものの関ケ原の西軍が敗北したため、その年(慶長5年)の12月、高野山へ配流となりました。

ひとまず蓮華定院に滞在しましたが、高野山は女人禁制であったため家族との同居ができず、のち、麓にある九度山へ移り住みました。

 

九度山の真田庵

 
 

昌幸・信繁親子が幽閉生活を送った屋敷跡に、江戸中期(1741)に本堂が建立され、善名称院真田庵と称されるようになりました。

 

境内にある「真田地主大権現」

真田昌幸・信繁・大助の三代の御霊を祀り、この寺の守護神としています。

 

昌幸の墓

九度山での幽閉生活11年目に、失意のまま病没しました。享年65歳。

 

真田宝物資料館

真田三代の肖像画。信繁直筆の手紙(複製)がありました。

興味深かったのは、不遇の幽閉生活の中で生活の糧にしたという「真田紐」。

帯締めのようなものかと思っていたら、それより平たくて太い紐でした。

 

南側の門

 

 

西側の門

 

門の右扉には、真田の「六文銭」が刻まれています。

 

左扉には「結び雁金の紋」が刻まれています。

 

 

雷封じの井戸

慶長年間、信繁が閑居中の真田屋敷に落ちた雷を取り押さえて井戸に封じ、里人の難を救ったと伝わります。

 

 

信繁を慕う人々の思いが、このような伝説を生んだのでしょうね。

 

 

 

     by   めりい

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 和歌山 | 12:47 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:47 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
めりいさん、ドラマの進行に合った記事をありがとうございました。
ドラマが急に進行しだしたので焦りますよね(^_^;)

ここは、来月のツアーで行く予定なので、良い予習になります。

扉の紋や井戸など、見どころを押さえるのを忘れないようにしますね。

真田宝物資料館は、真田庵の敷地の中にあるのですか?
| しずか | 2016/09/19 9:16 PM |
九度山は、真田幸村は14年ほどしか住んでいませんが、
町の人には、昌幸、幸村はほこりなんでしょう。

今でも屋敷も残っていて、赤備えを着てのお祭りが

続いているのでわかります。

今年は、大いにもりあがっているでしょう。
| ラメール | 2016/09/20 2:36 AM |
雁の紋がかわいい!!
| シネマ大好き娘 | 2016/09/20 4:47 AM |
しずかさん。
ツアーが決定したのですね。良かった!
真田宝物資料館は境内にあります。
私は写真を撮らなかったので、何があったか、すっかり忘れました(笑)
もし撮れるなら、撮った方がいいですよ。
| めりい | 2016/09/20 4:13 PM |
ラメールさん。
真田幸村人気は、今だけでなく、江戸時代からずっと続いている人気なので、九度山の人たちも鼻が高いでしょう。
これだけの英雄なので、お祭りにも力が入るでしょうね。
| めりい | 2016/09/20 4:18 PM |
シネマさん。
>雁の紋
うっかりしていました。
「結び雁金の紋」でした。
慌てて訂正しました(笑)
| めりい | 2016/09/20 4:25 PM |
コメントする