大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 大谷吉嗣首塚(米原市) | main | 真田信繁の首塚があった「考顕寺」〜福井市 >>
「大坂の陣と福井藩」展〜福井市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

福井市立郷土歴史博物館で開かれている「大坂の陣と福井藩」展(2016年7月22日〜8月31日)に行ってきました。

 

 

玄関に貼ってあったポスター

左を向いている武将は、福井藩を率いて大坂の陣に出陣した2代目福井藩主・松平忠直

右を向いている武将は、真田信繁。

いずれも「大阪夏の陣図屏風」に描かれている人物像です

 

ところで、ポスターの右下をご覧ください。

お地蔵さまが両手を合わせておられますね。

これが「真田地蔵」です。

これを見るために、福井市へ行ってきました。

 

真田信繁を討ち取ったのは、福井藩の家臣・西尾仁左衛門とされています。

大手柄をたてた西尾仁左衛門は、その首を西尾家の菩提寺「考顕寺」(福井市足羽1丁目)に埋め、首塚としました。

そこに安置されたのが、この「真田地蔵」です。

 

今回の展覧会では、その「真田地蔵」と、真田信繁が持っていたとされる「采配」、そして西尾仁左衛門がその時持っていた短刀「銘左」・・つまり、それで信繁の首を切った?・・が展示されていました。

 

真田地蔵は高さは90cmくらい。笏谷石制で、背面には信繁の法名「大機院」が刻まれています。

采配には、赤褐色の血の跡のようなものがたくさんついていました。

短刀は小さいものですが、今も光輝く鋭利な刀です。

両方並べて見ると、ちょっとドキッとします。

 

 

館内は写真NGですが、唯一OKだったのが結城家に伝わる「御手許の槍」(復元)

江戸時代には「西の日本号、東の御手許」と称された大身の槍で、槍の穂は長さ140cm、柄をつけると全長が333.3cmという長大な槍です。
代々結城氏の名跡を継いだ子孫から松平家に受け継がれたのですが、昭和20年の東京大空襲によって焼失したため、平成27年に復元品が作成されました。

・・って、これは真田信繁とは関係がありませんが、これしか写真がないので悪しからず・・・(>_<)

 

 

さて次は、真田信繁の首塚があったという「考顕寺」へ向かいました。

 

 

     by   めりい

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

| 福井 | 00:00 | comments(8) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
信繁を打ち取った人は、福井藩士でしたか。

真田丸が大河にならなかったら、ほとんど知られる
ことがなかった話です。

信繁地蔵も、何年もよく語り継がれてきましたね。
| ラメール | 2016/07/28 3:19 AM |
真田丸毎回観ています!
| シネマ大好き娘 | 2016/07/28 4:17 AM |
松平忠直公は徳川家康公の二男で豊臣秀吉公の養子となり、その勇猛さに秀吉は恐れて小藩の結城家へ養子にやられた結城秀康公の嫡男で福井藩を受け継ぎ、大阪の陣では大活躍しましたが家康公・二代将軍秀忠公の恩賞は無く、「忠直卿行状記」で狂乱したことが、書かれ隠居で遠隔地に移されたが90数歳まで長命で有ったと言います。

| willy_tsuguo_shikata | 2016/07/28 6:21 AM |
めりいさん、福井の記事ありがとうございます!

私のところからだと福井は行きにくく、一度も行ったことがありません。

信繁地蔵というのがあるのですか。
その話は知りませんでした。

西尾仁左衛門の短刀と血の付いた采配・・・両方が展示されていると、ぞっとするでしょうね(-_-;)
内容からして、とても貴重なものが揃えられている展示会ですね!
| しずか | 2016/07/28 7:02 AM |
ラメールさん。

大坂の陣の時、信繁を討ったと主張する首はいくつかあったそうです。
そんな中で、福井には、もと真田の家臣であった人がいて、その人の証言で認められたとか・・

初対面で、しかも敵味方入り乱れての戦うのですから、いろんな混乱があったでしょうね。
| めりい | 2016/07/28 9:17 AM |
シネマさん。

ファンになって下さいね(^^♪
| めりい | 2016/07/28 9:18 AM |
四方さん。

>二代将軍秀忠公の恩賞は無く、「忠直卿行状記」で狂乱した

恩賞としてもらったのは「壺」(笑)
忠直公は、怒って投げたと言われています。
その壺が展示されていました。
| めりい | 2016/07/28 9:22 AM |
しずかさん。

青春18きっぷの季節になると、あちこち日帰りで出かけたくなります。
福井も、日帰りで行くちょうどいいコースです。

この真田地蔵の話は、随分前に新聞記事になっていたので、早くから計画していました。
| めりい | 2016/07/28 9:26 AM |
コメントする