大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 掛川を訪ねて(4)掛川城 太鼓櫓〜御殿 | main | 掛川を訪ねて(6)永江院(ようこういん) >>
掛川を訪ねて(5)千代と一豊・掛川館

ここでは、千代・一豊夫妻の活躍の解説、
ドラマセットの再現や映像、ジオラマ、ドラマで
使用された衣装・小道具・パネルの展示を
楽しむことができます。








一豊・千代の衣装


本矢鏃付矢 一豊の顔に刺さった矢




三匆弾 赤地袋(六平太が戦場から持ち帰った
千代の父を射抜いた鉄砲の弾)


布入細工麻草鞋


茜色緒太金剛草履


パッチワークの手拭(一豊が腕にまいて出陣した)


木地一升枡(結婚当初、倹約のため、千代が
枡を裏返して、まな板代わりに使用していた)


仲間由紀恵さん着用の衣装


大地真央さん着用の衣装


浅野ゆう子さんの衣装




山内家旗印


駅鈴





FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking


よろしくお願いします
| 静岡 | 00:00 | comments(13) | trackbacks(5) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
掛川館の展示物は、本物ではないでしょうね。

一豊の顔に刺さった矢、鉄砲の弾、一升枡など。

衣装は、ドラマで着られたののなんでしょう。

13日、京都に行く予定にしていましたが、天気が悪ければ14日に変更します。どちらか晴れてくれるといいのですが。
| lameru | 2006/09/13 1:59 AM |
ラメールさん、おはようございます。

ここは掛川城の天守閣に登る前にありますので、休憩処として利用するのも良いですよ。

今週はお天気が良くないですね。
明日晴れることを祈りましょう。
| しずか | 2006/09/13 9:41 AM |
しずかさん、こんにちは!TBありがとうございます☆
なかなか規模の大きい展示室になっているんですね〜。
大河ドラマで見慣れた衣装やセットなどを間近で見れる
のは、いいですよね☆
親近感が増してきそうです。
年内は開催されているんですか??
| りっきー | 2006/09/13 1:18 PM |
しずかさん、こんにちは。

凄いですね。貴重な品が盛り沢山!
大地さんや浅野さんが着られた打ち掛けもあるんですね。
でもって山内夫妻にもなれちゃう!
でも何故か六平太の三匆弾が一番気になったり?(笑)
| lovespoon | 2006/09/13 5:37 PM |
こんにちは♪
うわ〜すごいすごい〜。
たくさんの展示品を掲載していただきありがとうございました。
大河ドラマ効果で掛川も観光客が増えているでしょうね。
| ミチ | 2006/09/13 6:07 PM |
こんなところあるんですね。知らなかった。大河ドラマはいろいろな地元の活性化にもなるから凄いですよね。先日信玄役の発表だったのにもう再来年の篤姫役の発表ですから、鹿児島とか注目浴びるんでしょうね。
| ヤス | 2006/09/13 7:48 PM |
りっきーさん、こんばんは!

私が行ったのは、まだ開館して間もない頃でしたので
凄く混んでいましたよ。その人の隙間から必死で撮りました。展示は大河の放映中はやっていると思いますよ。
機会があったら見に来てくださいね。
| しずか | 2006/09/13 10:10 PM |
lovespoonさん、こんばんは!

展示品はもう少しあったのですが、これは
一部です。
打ち掛けのコーナーに人気が集まっていました。
一豊&千代の顔出し看板?は駅前にもありましたよ。
もちろん私も顔を入れてみました。(笑)
六平太は大人気ですね〜。
| しずか | 2006/09/13 10:15 PM |
ミチさん、こんばんは!

掛川は今年は人が集まっているでしょうね。
大河の舞台となったところは毎年そうじゃないですか?
問題は放映後ですね。
今年は義経の舞台には人がほとんどいませんでした。
| しずか | 2006/09/13 10:24 PM |
ヤスさん、こんばんは!

今年の大河の舞台は私の地元から近い掛川が
あったのでラッキーでした。
今後も歴史の舞台を追う旅、できる限りしたいです。
| しずか | 2006/09/13 10:42 PM |
どれもこれも・・・と言ったら大げさですがTVで御馴染みの小道具類。
眼の前にしてドラマの色んな場面が思い出されますね。
| やっちゃん | 2006/09/14 11:21 AM |
しずかさん、こんばんは〜!
なんだか懐かしいものがいっぱい並んでいますね〜。
この着物って、いつ着てたのかな?とか、草履にいたっては誰の?ってよく分からなかったりもするのですが^^;。
以前は名古屋城でも秋に大河の菊人形展をやっていたんですけど、今はどうなのかな〜。
菊人形職人の後継者不足なんですって。
| さくらこ | 2006/09/15 8:18 PM |
おお!これは行っておきたいですよね〜!!様々な展示がされているようで。是非大河知ってる女の子と、、、ってオイ!(笑)
| てれすどん2号 | 2006/09/18 2:14 PM |
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://kazutoyochiyo.jugem.jp/trackback/182
トラックバック
秀吉の暴走と秀頼の誕生…〜功名ヶ辻・第36話〜
 今回の功名ヶ辻・第36話は、前回の最後に亡くなった鶴松の葬儀のシーンから始まりましたね。  そして…、秀吉は明国へと攻めいる事を決断します。  明国へ攻めいる理由など全く無い中でのこの決定。  家康は早くも豊臣家の瓦解を予見し、この戦には積極的
| りっきーのブログ日記 | 2006/09/13 1:14 PM |
「功名が辻」第36回「豊臣の子」
秀吉の子、鶴松が病死した。 葬儀は京の東福寺で、近しい者だけでしめやかに行われた。 狂ったように鶴松の名を泣き叫びながら、秀吉は髷を落とす。 「それがしも」「それがしも」 と家臣たちも次々と髷を落とす。 が、初めの数人はともかく、後の方の者たちは、そう
| つれづれ さくら日和 | 2006/09/13 2:01 PM |
功名が辻 第36話
『功名が辻』第36回、“豊臣の子”― 鶴松の急逝で豊臣家の情勢は一変、秀吉は天下安寧の為と称して明国への出兵を強行、秀次に関白の座を譲り太閤となりますが、茶々の再度男児出産で大望に燃える秀次くんはまたしても微妙な立場に立たされることに・・・。
| 月夜の浜辺 | 2006/09/13 5:17 PM |
「功名が辻」第36回
「豊臣の子」 秀吉と淀君の間に鶴松が誕生して大喜びしたのもつかの間、鶴松は急逝してしまいました{/hiyoko_thunder/} 葬儀では狂ったように泣き叫ぶ秀吉が髻(もとどり)を落とすのをみるや、その場にいた家臣たちはわれ先にとこれに続き、忠誠の証を立てましたが、
| ミチの雑記帳 | 2006/09/13 6:05 PM |
功名が辻
第三十六回「豊臣の子」 日本史上、家族をおざなりにした成功者は碌な目に遭ってないよナァ。
| Fere libenter homines id quod volunt credunt | 2006/09/14 10:00 PM |