大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 8月6日功名が辻 「この世の悲しみ」 | main | 岡崎を訪ねて(2)岡崎公園 >>
岡崎を訪ねて(1)岡崎城と家康像
岡崎城の起源は15世紀前半、明大寺の地に西郷稠頼(つぎより)によって築かれたのがはじまりで、1530年に家康の祖父である松平清康によって現在の地に移されて以来、岡崎城と呼ばれるようになりました。
家康は、1542年12月26日、岡崎公園内二の丸にて生まれました。幼少時代は、今川義元の人質として過ごし、1570年、浜松へ移るまでの11年間、家康の居城となりました。

現在の天守閣は、昭和34年に復元され、3層5階のコンクリート機造となっています。



岡崎公園の家康像と、”若き日の”家康像です。
この像は、昭和40年、家康公350年祭を記念して建てられました。



FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking

クリックお願いします。
| 愛知 | 00:00 | comments(10) | trackbacks(3) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
いよいよ家康が本格的に登場してきましたね。
家康の本拠地岡崎と浜松、地元ですので関心は高いでしょうね。

貫禄のついた家康と馬に乗った若きリーダーの銅像は対比ができわかりやすいです。

しずかさん、ストーリーも東の方が舞台になってきますが、準備体制完了ですね。
| lameru | 2006/08/08 4:58 AM |
ラメールさん、コメントありがとうございます。

やっと地元の話題が出て来ました。
今まで用意してあったネタをまとめていく予定です。

年をとったからの家康像は、確かに貫禄がありますね。


| しずか | 2006/08/08 8:40 AM |
しずかさん、おはようございます!
岡崎城の城壁、とても綺麗ですね〜。
白い壁が青空に映えて、見ていてとても清々しい気持ちに
なる事が出来ますね。

名古屋以東をゆっくり巡ったことが無いので、いつかじっくりと周ってみたいものです。

先に地元の奈良を、もっと周らないといけませんね・・・^^;
| りっきー | 2006/08/08 9:18 AM |
りっきーさん、おはようございます。

さっそく見ていただいてありがとうございます。
岡崎城の写真は、松の木が邪魔してうまく撮れませんでし
た。
 
りっきーさんのブログで、奈良の紹介も楽しませていただきますね。


| しずか | 2006/08/08 9:50 AM |
お世話になります。

家康像、岡崎城、雄大ですね!

実物が観たくなりました!

しかし今回の大河は、見るに忍びないほどに
辛かったですね。

| 「感動創造」 | 2006/08/08 10:00 AM |
感動創造さん、コメントありがとうございます。

今回の内容はあまりに悲し過ぎて、気分が
落ち込んだまま一日を過ごしました。
史実だけに、ドラマと割り切って見られなかったからでしょうね。
| しずか | 2006/08/08 10:13 AM |
コンクリートといえど、すばらしい城の出来ですね☆家康、、、いや松平元康にいたるまでの歴史がしみこんだ城、、、やはり雰囲気を感じますなあ〜。。。
| てれすどん2号 | 2006/08/08 10:54 AM |
てれすどんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今回、一豊一行が岡崎に向かう場面が出てきたので
岡崎編をスタートさせました。
また覗きに来て下さいね。
| しずか | 2006/08/08 11:46 AM |
イヤ〜お天気最高の日の岡崎城ですね。
いつかは行ってみたいと改めて思いました。
| merry | 2006/08/08 7:47 PM |
merryさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
岡崎ウォーキングの日は天気に恵まれたんですよ。
ぜひ一度岡崎へ!
| しずか | 2006/08/08 10:52 PM |
コメントする






この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
功名が辻第三十一回「この世の悲しみ」〜これをヒロシマの日に合わせたのは偶然でしょうか〜
「よね〜〜〜!!!」
| 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2006/08/08 9:58 AM |
功名が辻のすばらしさを語ろうの会  別れを乗り越える方法なんてわからない
嗚呼、、、なんか今回は全く記事書く気になれないなあ。。。そら戦国時代の大河は人死ぬけどさあ〜、、、こんな何の罪もない子の、何の理由もない死をみせつけられるとさあ、、、やっぱ今回は物語詳細は書かないで感想だけ。あらすじはHPでhttp://www.nhk.or.jp/taiga
| 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  | 2006/08/08 10:21 AM |
【功名が辻】第三十一話
亡くなる事が解っていたので、もう冒頭部分のよねのコオロギ探しからウルウルです。。。映像は全て、自分の頭の中で想像していたままの物でした。よねの亡骸が、やけに綺麗だった事だけが想像の外でしたが。。。子供を亡くした親の悲しみ。千代の慟哭が胸を突きます。こ
| 見取り八段・実0段 | 2006/08/10 1:30 AM |