大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 吉田松陰の銅像 | main | 吉田松陰拝闕詩碑 >>
龍飛崎の吉田松陰碑〜青森県
JUGEMテーマ:大河ドラマ
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


嘉永4年(1851)12月14日、吉田松陰は北辺の守りをこの目で実地踏査したいという思いから、熊本藩士の宮部鼎蔵とともに東北地方へ向かいました。
当時の津軽海峡では、外国船が我が物顔で往来していたといい、松陰はそれを危惧していました。


水戸・会津・越後・大館を経て青森県の弘前城下に入った3月1日、二人は伊藤広之進を訪ねました。

伊藤広之進は弘前藩の儒学者であり、また兵学にも秀でた人で、松陰は津軽半島の海防について詳しく尋ねたといいます。


弘前城






そして3月3日に五所川原、4日には十三湖を見ながら北上し、小泊の港で津軽海峡を望みました。


松陰は龍飛崎までは行ってませんが、津軽海峡を望む龍飛崎展望台には「吉田松陰碑」があります。




松陰ファンの政治家が書いたという詩碑です。




「去年の今日巴城を発す」と書かれています。

松陰を讃えた詩なのでしょうね。






龍飛崎から帰り道、車の窓から「みちのく松陰道」の案内板を見かけました。

松陰が、3尺余りも積もる雪をかき分け、小泊から峠を越えて三厩まで歩いたという道です。


日本の海防を案じて、厳寒の津軽半島を一歩一歩雪を踏みしめながら歩いていたかと思うと、その熱意に心打たれます。








 
お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m







 
| 青森 | 00:00 | comments(8) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
激寒〜耐えられません>_<

寒さに弱いです
| シネマ大好き娘 | 2015/01/12 3:21 AM |

弘前城や竜飛岬は行ったことが無い所です!
そうですか吉田松陰は海防視察で3月1日から凄い積雪の中を歩いて行ったのですね。凄い熱意をもっていたのですね。
東北の旅行は少ないです。
この夏行こうかと計画中ですが、寺総代になりもの凄く仕事が増えますので計画練り直しです。
| willy_tsuguo_shikata | 2015/01/12 7:01 AM |
ちょうど今、花燃ゆSPの番組を再生中。
久坂役の東出さんが、みちのくを旅しながら「みちのく松陰道」についての説明をしていました。
昔の人は道なき道をひたすらに歩いていたのですね。
松陰の熱意に脱帽です。
| しずか | 2015/01/12 10:51 AM |
シネマさん。

>寒さに弱い
同感です。私も冬はダメです。

今は冬眠中です(笑)
| めりい | 2015/01/12 12:49 PM |
四方さん。

東北は遠いでの、ついつい後回しになってしまいますね。
私も、まだまだ東北は行ってない所が多くあります。

>寺総代になりもの凄く仕事が増え
わ〜大変ですね。
いろいろと地域の仕事もなさっているのですね。
| めりい | 2015/01/12 12:52 PM |
しずかさん。

>久坂役の東出さんが、みちのくを旅しながら「みちのく松陰道」についての説明をしていました。

そんな番組があったのですね。
見落としました(-_-;)

下田で、松陰が黒船のペリーに渡した手紙をテレビで見ました。
きちんとアメリカで保存されているのですよ。
すごいわ〜
| めりい | 2015/01/12 12:56 PM |
こんな所まで資料写真を用意しておられるとは、
感服です。
花燃ゆで使うことを想定しての取材ですね。
松陰が雪の中を訪ねたのと同じくらいの価値があります。

花燃ゆ、結婚ドラマみたいでもうひとつ盛り上がりません。
これって女性を意識しすぎでしょう。
官兵衛ほどのドキドキ感がなく、この先心配です。
| ラメール | 2015/01/13 1:11 PM |
ラ・メールさん。

>松陰が雪の中を訪ねたのと同じくらいの価値があります。

ありがとうございます。恐縮です。

第一回の視聴率は悪かったようですね。

これから一年、盛り上がって欲しいものです。
| めりい | 2015/01/13 2:10 PM |
コメントする