大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 天真寺の黒田家の墓 | main | 鞆の浦の官兵衛関連史跡 >>
承天寺と博多織
JUGEMテーマ:NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」

2014年3月28日、博多の承天寺通りの一角に新たな博多のシンボルとなる博多千年門が完成しました。



木造瓦ぶきの四脚門で、高さ、幅ともに約8メートル。
博多の街の未来千年の繁栄を願って命名されました。



この門が、寺町エリアの玄関口となっています。



江戸時代、博多には「辻堂口門」という門が存在していて、大宰府政庁へ延びる宮道の博多側にあったそうです。



欄間には博多織の献上柄が彫刻されています。

承天寺は、仁治2年(1241年)、大宰少弐・武藤資頼が円爾弁円(聖一国師を招聘して創建。



円爾(弁円)といえば、京都の東福寺を開山した方ですね。

境内は、博多駅移転に伴う区画整理事業市道によって北東と南西に分かれ、山門や仏殿は南西側、本堂や墓地などは北東側に分断されています。





墓地には、新派俳優の川上音二郎や、博多織を始めた満田弥三右衛門らの墓があります。



そして、こちらには、現代の私たちの食生活に欠かさないものの発祥の地の石碑があります。



(左から「饂飩蕎麦発祥之地」「御饅頭所」「満田彌三右衛門之碑」の石碑)

「饂飩蕎麦発祥之地」の碑



仁治2年(1241年)に円爾が宋から帰国した際に技術を持ち帰りました。

「御饅頭所」の碑
IMG_8116 饅頭

円爾が宋から持ち帰った饅頭の製法を茶店に伝えました。

「満田彌三右衛門」の碑


円爾とともに宋に渡り、織物の技術を学び、博多織の基礎を築きました。

博多織とは、福岡県福岡市の主に博多地区で特産とされる絹織物。
その歴史は今から約770年前に遡り、博多出身の満田弥三右衛門が中国(宋)からその技術を持ち帰ったのを起源とします。その後、弥三右衛門の子孫である満田彦三郎が品質改良を行い、博多独自の織物を実現。
江戸時代、当時の領主・黒田長政が徳川幕府への献上したことから、高級織物の地位を確立しました。
明治時代以降の産業の発達に伴う織物需要の急増や機械化を経て、現在の博多織の素地が出来上がりました。

博多織の歴史

鎌倉時代の1241年に円爾(弁円)と共に宋から帰国した博多商人の満田弥三右衛門(1202年-1282年)が持ち帰った唐織の技術が博多織の始まりとなる。弥三右衛門はこれを「広東織」と称し、この技法を家伝とした。
16世紀、弥三右衛門の子孫である満田彦三郎が明の広州に渡って織物技法を研究。帰国後、家伝の技法と学んだ新技術を以て、竹若伊右衛門(藤兵衛)と共に工法の改良を重ねて厚地の織物を作ったとされる。
江戸時代になり、筑前国福岡藩初代藩主黒田長政によって博多織の反物と帯が幕府に献上されるようになる。これにより博多織が献上博多、博多献上、献上柄とも呼ばれることとなる。
福岡藩は献上品の品質保持を理由に織屋株制度を敷いて12戸に限定したため、江戸時代を通して品質を維持することができた。しかし明治時代に株制度が廃止され自由競争となると業者が乱立。品質低下を防止するため1880年に博多織会社が設立、6年後に博多織同業組合となり、変遷を経て、出資組合である現在の博多織工業組合となった。1885年にはジャカード機やドビー機が導入され、本格的な機械織生産を開始。(Wikipediaより抜粋)

この時代に、日本に伝えられ、日本で発展したものが多いということがわかりました。

博多織の発展に、長政くんが貢献していたとは!

今では当然のものとして使ったり、毎日口にしているものも、たまにはその起源をさかのぼることも必要ですね。

by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m

 
| 福岡 | 00:00 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
博多織を広めたのが長政ですか。

黒田家は、福岡、博多を発展させた
功労者です。
今でも、黒田家の子孫は福岡におられるのでしょうか。
| ラメール | 2014/12/29 2:42 AM |
博多織〜しずかさま〜似合いそう!
| シネマ大好き娘 | 2014/12/29 3:13 AM |
>2014年3月28日、博多の承天寺通りの一角に新たな博多のシンボルとなる博多千年門が完成しました。
博多千年門を再建するとは福岡市も大したものです。
九州一の政令都市として益々発展していくことでしょう。
| willy_tsuguo_shikata | 2014/12/29 6:34 AM |
ラメールさん、シネマ姉さん、四方さん、コメントありがとうございます。

博多織と長政の関係は、このお寺のことを調べるまで知りませんでした。
福岡、博多の発展には黒田家が関わっていたのですね。
博多千年門は、博多のシンボルにふさわしいですね。

| しずか | 2014/12/29 10:47 AM |
博多織というのは知らなかったのですが、博多帯は馴染みがあります。
長政が幕府に献上して、広めていったのですね。

ところで「饂飩」
こんな漢字があったのですね。驚き(笑)
| めりい | 2014/12/29 7:50 PM |
めりいさん、博多に行って新たに知ったことがたくさんあります。旅に出ると、いろいろと勉強になりますね。

来年は、難読漢字にも挑戦しなくちゃ!(笑)
| しずか | 2014/12/29 11:41 PM |
コメントする