大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 実相寺山〜石垣原の戦い(1) | main | 吉弘統幸公を祭る吉弘神社 >>
激戦地七ツ石〜石垣原の戦い(2)


「石垣原の戦い」は、「西の関ヶ原」または「九州の関ヶ原」と言われ、関ヶ原の戦いに連動して九州の地で東西に別れて戦った合戦です。

西軍の支援を受けて挙兵した大友義統に、家臣であった吉弘統幸は西軍につくことの不利を説き、家康の東軍につくように進言しました。
しかし聞き入れられず、やむなく主君に従って旧領奪還を期して戦うことになります。


激戦地「七ツ石」(別府市荘園町)





吉弘統幸は、主君が朝鮮出兵で改易となった後、如水の招きで黒田家の食客となっていた時期がありました。

その旧知の間柄である井上九郎右衛門と死闘の戦いを展開したのが、この七ツ石であったと言われています。




吉弘統幸がこの大石の上に立ち、最後の力を振り絞って槍をふるったという伝説が残っています。




辞世の句
明日は誰が草むす屍や照らすらん
          石垣原の今日の月影




自分の信念を曲げた戦いで、しかも不利と分かっていても、吉弘統幸は最後まで勇猛果敢に戦いました。

その戦いぶりは、敵の黒田方からも賞賛されたといいます。








 
お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m







 
| 大分 | 00:00 | comments(8) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
辞世の句〜考えなくっちゃ!
| シネマ大好き娘 | 2014/12/15 3:43 AM |
>激戦地「七ツ石」(別府市荘園町)はこのようなところでしたか。
武将は誰につくが大きな分かれ道ですね!
味方すると来たら最後まで意思をとうすが誠ですね。




| willy_tsuguo_shikata | 2014/12/15 6:07 AM |
シネマさん。

>辞世の句
う〜〜ん。難しいな〜

その前に、お葬式用の写真を決めなくっちゃ(笑)
| めりい | 2014/12/15 7:29 PM |
四方さん。

自分の意志に背いても、主君が決めたことに従わねばならない、そんな時代なのですね。

そして吉弘統幸は戦って死んだけど、主君の大友吉統は降参して寿命を全うしました。

だから吉弘統幸は、今も人気があるのですね。
| めりい | 2014/12/15 7:35 PM |
留守中も記事の更新ありがとうございましたm(__)m

九郎右衛門といえば、栗山善助や母里太兵衛の陰に隠れてしまっている存在のように思えますが、黒田24騎の名に恥じぬ立派な武将だったのですよね。
| しずか | 2014/12/16 2:30 AM |
NHKの官兵衛HPでは、多くの人の応援メッセージも紹介され、
いよいよ最終回「乱世ここに終わる」が21日に
せまりました。
戦国時代を官兵衛をとうして描いてきた今年の大河、
なかなか見所がありました。

最後の九州の関ヶ原まで、このブログで記事をアップされた、
お二人の歴女に拍手をおくります。

最終章をたのしみにしています。
官兵衛ではじまり、官兵衛で終わった
2014年でした。
| ラメール | 2014/12/16 2:50 AM |
しずかさん。

井上九郎右衛門って地味な存在だけど、ここぞという時には力を発揮するようですね。
普段は表に出ない、諜報活動のような事をしていたのかも知れませんね。
| めりい | 2014/12/18 7:58 PM |
ラ・メールさん。

>官兵衛ではじまり、官兵衛で終わった
2014年でした。

まさに、そうですね。

岡田官兵衛は、なかなか魅力的でした(笑)
| めりい | 2014/12/18 8:00 PM |
コメントする