大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 太宰府天満宮(2) | main | 官兵衛の最終回 延期へ >>
博多塀と妙楽寺

豊臣秀吉は、九州平定後に陣を置いた筥崎宮(はこざきぐう)で、戦乱で荒れ果てた博多の復興を黒田官兵衛に命じました。

黒田長政により慶長14年(1609年)に建立された筥崎宮の石造一ノ鳥居


小早川隆景により文禄3年(1594年)に建立された楼門

また、博多復興策として、入り江を埋め立てて道をつくる「太閤町割り」と呼ばれる区画整理の他にも、「博多塀」という戦火による焼け石焼け瓦等を塗り込めた、廃材を利用して土塀を作りました。

今でいうリサイクルですね(^_-)

そして秀吉の出した楽市楽座令は、現在の博多の繁栄に繋がりました。

その博多塀を博多の妙楽寺で見ることができました。

妙楽寺の博多塀


この時は、博多塀について知らなかったのですが、ちょっと変わった塀だな〜と思い、シャッターを切りました。

ちなみに、博多塀は、櫛田神社、崇福寺などでも見ることができるそうなのですが、見事に見逃しましたorz

櫛田神社境内に復元された博多塀はこんな感じだそうです。


(福岡市HPより)

妙楽寺へのアクセスは、地下鉄「祇園駅」から徒歩5分。

妙楽寺の山門


臨済宗大徳寺派で、山号は石城山。
正和5年(1316)、大応国師(南浦紹明)の法弟・月堂宗規の開基。
「石城」という名は、元寇防塁にちなむ博多の異称で、元々は博多湾岸の沖の浜にあり、遣明使一行が宿泊するなど対外交渉の一拠点になっていました。
天正年間(1573〜1591)に焼失し、初代福岡藩主・黒田長政の入国後、現在地に移転。




本堂裏の墓地には、三代藩主・黒田光之の息男「黒田左兵衛」、黒田家重臣・竹森新右衛門次貞、博多の豪商・神屋宗湛の墓、博多の貿易商、黒田藩の御用商人で、鎖国の禁を破り長崎で処刑された伊藤小左衛門の墓があります。

黒田左兵衛の墓




竹森石見次貞の墓


黒田二十四騎の一人。
父の清原貞俊は播磨国加古郡の日岡神社の社職で、黒田職隆に仕えた。
次貞も幼くして職隆に仕え、16歳の時に官兵衛に仕える。
数々の功績を認められ、秀吉から赤裏の羽織を拝領したこともあった。
しかし、毛利水軍との戦いで、左手の甲から手首までを斬り割られる重傷を負い、左手が不自由になったが、その功績を惜しまれて、旗奉行を命じられ二百石を拝領した。

神屋宗湛


博多の豪商で、太閤町割りに貢献し、博多を復興させた人です。

また、この妙楽寺は、名古屋名物の「ういろう」の発祥の地でもあります。
元の陳延祐という医者が元滅亡後、妙楽寺を頼って亡命し、彼が調整した「透頂香(とんちんこう)」という万能薬を将軍足利義満に献上したところ、大変苦かったため、口直しに米粉で作った菓子を添えて出していました。その秘法を受け継いだ小田原外郎家が、「外郎(ういろう)」として京都や小田原で売り出して有名になったそうです。



by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
 
| 福岡 | 00:00 | comments(9) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
かわいいへいですね!
| シネマ大好き娘 | 2014/11/20 4:23 AM |
>博多復興策として、入り江を埋め立てて道をつくる「太閤町割り」と呼ばれる区画整理の他にも、「博多塀」という戦火による焼け石焼け瓦等を塗り込めた、廃材を利用して土塀を作りました。
この廃材を利用して博多塀を作るアイデアも当時の太閤・秀吉のアイデアの気がしますね。
| willy_tsuguo_shikata | 2014/11/20 6:04 AM |
黒田家が永年支配しただけに黒田家関連の
史跡が沢山ありますね。
博多が埋め立てでできたとは、知りませんでした。
いろいろと勉強になりました。
記事アップ、ありがとう。
| ラメール | 2014/11/20 10:50 AM |
シネマ大好き娘さん、四方さん、ラメールさんコメントありがとうございます。

博多塀のアイディア、なかなかのものですね。
リサイクルでも、私には逆にお洒落に見えます。
こういうものを目にして、歴史を振り返ることも大切ですね。
| しずか | 2014/11/20 11:40 AM |
崇福寺にも博多べいがあったのですか。
私もすっかり見落としています(笑)


竹森石見次貞と神屋宗湛のお墓は、ちょっと変わっていますね。
彫刻のようなものが風化したように見えますが・・・


| めりい | 2014/11/20 9:48 PM |
めりいさん、帰って来てから知ることが多くて、悔しい思いをしています(;O;)

そうそう、↑のお墓変わっていますよね。
なんの形なのか表現しずらいですが・・・
| しずか | 2014/11/20 10:32 PM |
>竹森石見次貞と神屋宗湛のお墓は、ちょっと変わっていますね。
彫刻のようなものが風化したように見えますが・
昔は特殊な変わった自然石を探して、その墓石に法名などを刻み込んだと聞いています。
姉が嫁いでいる元大庄屋のお墓は代々8代くらい自然石で表面を削って法名などが刻まれています。
| willy_tsuguo_shikata | 2014/11/21 5:52 AM |
四方さん、そうなのですか。
特殊な変わった自然石の方が価値があったということかしら。
貴重な情報ありがとうございました。
| しずか | 2014/11/21 11:05 AM |
四方さん。
そうなのですか。

確かに昔のお墓なら、自然石の方が普通かもしれませんね。

ありがとうございましたm(__)m
| めりい | 2014/11/21 1:07 PM |
コメントする