大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 小倉城〜北九州市 | main | 蜂須賀小六正勝公のお墓〜徳島市(2) >>
蜂須賀氏ゆかりの徳島城〜徳島市(1)



蜂須賀正勝(小六)は野盗の親分であったなどの俗説がありますが、そうではなく、れっきとした尾張の土豪出身です。

永禄年間に信長に仕え、秀吉の与力として従軍し功をあげました。

天正5年から始まった中国攻めにでは、官兵衛とともに策略をたてたり、調略に走るなど軍師として活躍しました。

また毛利氏と結んだ和議による領地分割の折衝でも、官兵衛とともに2年間にわたって交渉を続け、国境を確定させました。






秀吉の四国平定後、蜂須賀正勝(小六)は、阿波一国を与えられましたが、老齢であることと、大阪城の秀吉のもとで仕えたいとの理由で、阿波国を子の家政に譲りました。

家政は阿波国17万6千石の領主となり、天正13年(1583)徳島城を築きました。

以後徳島城は、江戸時代を通して徳島藩蜂須賀氏25万石の居城となり、明治維新を迎えました。



蜂須賀家政公(藩祖)の像





徳島城表口「鷲の門」
昭和20年(1945)まで当時の門が残ってたそうですが、残念ながら戦災で焼失し、平成元年(1989)に復元されました。




 


徳島城の本丸跡は標高61mの城山の頂上にあります。





西三の丸跡、西二の丸跡を通り過ぎると・・





山頂の本丸跡に到着。






ところで、黒田官兵衛の長男・長政の正室は、蜂須賀正勝(小六)の娘・糸姫でした。

長政との間に菊姫をもうけましたが、関ヶ原の戦いの直前に離縁させられ、この阿波国に戻って暮らしました。

そして長政は、家康の養女・栄姫を新たに正室に迎えています。





城山の南麓には、藩主が住んだ御殿があったそうです。

当時の建物はありませんが、今も庭園は整備され残っています。


もしかして、糸姫もその御殿で暮らしたのかも知れませんね。


旧徳島城表御殿庭園  
面積は9917(約3000坪)





池泉庭園





枯山水庭園






枯山水庭園の中島にある巨大な自然石の石橋






徳島城のものではないかとされる鯱瓦





糸姫は74歳という長寿を全うし、徳島市の眉山麓にある臨江寺に埋葬されたそうです。

私は眉山にも行ったのですが、その時は臨江寺の事は知らずにパスしてしまいました。

残念です(-_-;)









 
お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m








 
| 徳島 | 22:01 | comments(8) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
糸姫との離縁の件で、黒田家と蜂須賀家は険悪な関係になったそうですね。

>糸姫は74歳という長寿を全うし、徳島市の眉山麓にある臨江寺に埋葬されたそうです。

糸姫の晩年については知りませんでした。
当時としては長生きをしたのですね。
| しずか | 2014/08/28 11:16 PM |
長生き〜

いい伴侶がいると楽しいかも!
| シネマ大好き娘 | 2014/08/29 4:35 AM |
徳島城には行っていますが、ブログを始める前で撮影していません!残念!めりいさんの記事でがまんしておきます!
しかし、再度行くチャンスもあることを期待しています!
| willy_tsuguo_shikata | 2014/08/29 5:56 AM |
九州に行けば小倉城、四国に行けば徳島城と

官兵衛がどこへ行ってもネタ持っていますね。

阿波踊り見に行ったときに眉山のお城見ました。
当時は、それほど興味がなかったので写真写してません。
当時は、デジカメありませんでしたが。

巨大石の橋が印象に残っています。

黒田家は、時の権力者と結びつくのがうまいです。
戦国時代を生きる方法なんでしょうか。
そのために結婚させられたり、離縁させられたりの
女性は、大変ですね。
| ラメール | 2014/08/29 10:44 AM |
しずかさん。

>糸姫との離縁の件で、黒田家と蜂須賀家は険悪な関係になったそうですね。

やっぱりそうですか。
黒田家が生き残るためとは言え、あまりに露骨ですね。

その辺が大河ドラマで、どのように描かれるでしょうね。楽しみ〜(笑)
| めりい | 2014/08/29 8:26 PM |
シネマさん。

糸姫も、再婚したら良かったのにね(笑)
| めりい | 2014/08/29 8:27 PM |
四方さん。

私もブログを書く以前に行った所がたくさんありますが、写真も古く、記憶も定かではありません。
デジカメで写真を撮り、ブログでその記録を残しておけるというのは、素晴らしい事ですね。
| めりい | 2014/08/29 8:36 PM |
ラ・メールさん。

以前に阿波おどりを見に行かれたのですね。
私も一度行きたいと思いながら、なかなか・・

近くまで行きながら、知らなかったため貴重な史跡をパスする事って、よくありますね。

後から知って、いつも地団駄を踏んでいます(笑)

| めりい | 2014/08/29 8:46 PM |
コメントする