大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 秀吉も参拝した吉備津神社(岡山県) | main | 本能寺址 >>
本能寺の変

天正10年(1582年)5月29日、織田信長は備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援するため、小姓を中心とする僅かのお供を連れて安土城を発ち、京都の本能寺に入ります。

その頃、信長の嫡男・織田信忠は5月21日にすでに京都の妙覚寺に入っていました。

妙覚寺


京都に城を持たない信長は、かつては妙覚寺を寄宿先としていましたが、1580年以降はかつての宿所であった本能寺を寄宿先に戻し、代わりに信忠が妙覚寺を寄宿先として使用するようになっていました。
当時の本能寺は、単なる寺ではなく、防御面にも優れた城塞としての改造を施されていたといいます。

6月1日、信長は本能寺別院に京都の公家たちを招いて、安土から秘蔵の名物茶器を持ち込んで披露するという盛大な茶会を開催。

同日、1万3000人の手勢を率いて丹波亀山城を出陣、京に向かった明智光秀は、翌2日未明、桂川を渡ったところで、「敵は本能寺にあり」と、自軍に本能寺と妙覚寺への攻撃命令を下したといいます。
これには後世に創作された言葉とする説もあり、雑兵は信長討伐という目的を最後まで知らされず、信長の命で徳川家康を討つのだと思っていたのだとも。

光秀軍は明智秀満隊と斎藤利三隊の二手に分かれ、明智軍が信長が宿泊していた本能寺を急襲して包囲。光秀軍1万3000人に対し、わずかな近習とともに奮戦した信長は、やがて脱出は不可能と悟り、屋敷に火を放ち自害。
しかし、信長の死体は発見されませんでした。

嫡男・信忠は、信長自害の知らせを受け、光秀を迎え撃つために二条御所に移動し、善戦しましたが、やがて追い詰められ自害。二条御所の縁の板を剥がさせて自らの遺骸を隠すように家臣に命じ、父同様、その首が明智方に発見されることはなかったといいます。(Wikipedia、日本の100人「織田信長」参照)

室町時代に創建された本能寺は当初、京都の高辻通りにありましたが、移転を重ねた末に、天文11年(1542)四条西洞院に第4次の伽藍が建立されました。
しかし本能寺の変で焼失し、天正17年(1589)現在の場所に移されました。

本能寺




信長公廟






本能寺の変戦死没之諸霊塔


森蘭丸の名前も見えます。



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m




 
| 京都 | 00:00 | comments(7) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
13日のドラマは、見ごたえがありました。
本能寺での信長自刃、高松城の出来事、家康の
対応などが
同時進行でドラマの中で描かれました。
それに対しての官兵衛の行動、手に汗にぎる
内容でした。
早く、次が見たいです。

現在の本能寺の記事も紀行で紹介されていたので、
再度見ることができました。
| ラメール | 2014/07/14 3:25 AM |
あまりにも、有名ですね〜

歴史音痴のシネマも知っていますよ!
| シネマ大好き娘 | 2014/07/14 4:19 AM |
ラメールさん、シネマ姉さん、コメントありがとうございます!

誰もが知っている歴史的大事件だけに、ドラマの演出も凝っていましたね。
官兵衛の励ましにより、天下取りに猛ダッシュする秀吉。
来週も楽しみです。
| しずか | 2014/07/14 10:15 PM |
13日の軍師官兵衛は千葉市で見ていました。
本当に迫力がありましたね!
14日はHHKスタジオパーク見て来ました!
国会中継で何も録画はなかったのですが、親子ずれが多く、団体も貸切バスで一杯でした。
14日は月曜日なのに!
一見の価値はありますね。65歳以上無料でした!
| willy_tsuguo_shikata | 2014/07/15 12:04 PM |
四方さん、お帰りなさい!

関東の旅はいかがでしたか?
お天気を心配していましたが、
きっと充実した旅ができたのでしょうね。

スタジオパークはいつも混んでいますよ。
| しずか | 2014/07/15 10:29 PM |
とうとう信長が倒れましたね。

動揺しながらも熟慮する官兵衛と、ただ泣きじゃくる秀吉との対比が面白かったですね。

でも官兵衛がかっこ良すぎる(笑)

史実はどうだったのでしょう?
その場面にタイムスリップしてみたいです。
| めりい | 2014/07/16 2:58 PM |
めりいさん、コメントありがとうございます!

あの場面、私も史実はどうだったのか気になります。

岡田官兵衛、有岡城から救出されて以来、増々軍師ぶりが板についてきましたね!
| しずか | 2014/07/17 10:46 AM |
コメントする