大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 引き裂かれる姉妹1/2(福原城) | main | 竹中半兵衛の生誕地・大野町を訪ねて(1)大御堂城跡・竹中半兵衛生誕の地の碑 >>
引き裂かれる姉妹2/2(上月城)

福原城を落とした官兵衛は、翌日、約3K南に下がった上月城を攻めました。上月城主:赤松政範(まさのり)の妻:力(リキ 酒井若菜)は、官兵衛の妻:光(テル)の姉です。官兵衛は、戦況は上月城にとって不利な状況であるから降伏するように説得するが聞き入れられず戦いとなりました。秀吉軍は、1577(天正5)年12月3日に城内に攻め込み、兵の首をすべてはね、女、子供約200人を磔(はりつけ)と串刺しにして毛利方に見えるように国境に並べる、恐ろしい結末を迎えました。 
官兵衛は、光の姉:力と子供の助命を秀吉に嘆願して許されました。 後に、力は尼となり、子供は、光が育てました。この姉妹は、志方城主:櫛橋(くしはし)左京亮の娘で播磨の美人姉妹として有名だったと思われます。


当時の城の配置図


上月城
上月城

登城口
登城口

城図
城図

上月歴史資料館(城登り口の前にあります)
資料館



 

その後、上月城には山陰の名族・尼子勝久、山中鹿助らの尼子勢が入りますが、1578(天正6)年4月、三万にも及ぶ毛利の大群に攻められ城は包囲されます。援軍に駆けつけた羽柴秀吉・荒木村重ら一万の織田勢は高倉山に陣を張り、対峙するも付け入ることもできず、時を同じくして反旗を翻した別所長治を討つため播州・三木城へと向かうこととなりました。織田勢の撤退により、見捨てられた尼子・山中鹿助が守る上月城は7月に落城します。信長・秀吉軍と西国の覇者毛利氏とにはさまれ、歴史の波に翻弄された上月城は、尼子氏の最期と共に歴史の表舞台に再び現れることはありませんでした。
(上月城案内板より)

慰霊碑とその先の建物は歴史資料館(駐車場)
慰霊碑

左:尼子・右:山中鹿野助碑
尼子山中碑

尼子碑
尼子碑


近くにあった碑  維新の志士:立石孫一郎
尊攘派志士 名は維敬,通称:恵吉,敬之介(大橋)。播磨国佐用郡上月村(兵庫県上月町)の生まれ〔1832年2月(天保3)〕。1865(慶応元)年、立石孫一郎と改名し長州藩南奇兵隊に入る。尊攘討幕を掲げて倉敷代官所および備中浅尾陣屋を襲撃した(倉敷浅尾騒動)。長州藩により銃殺された。    1866年6月(慶応2)死亡
立石孫一郎



上月城地図は こちらから



ダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤ


●FC2ブログランキング参加中!


クリックお願いします。


スペードハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペード

| 兵庫 | 03:16 | comments(7) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 03:16 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
美人薄明ですよね〜〜
| シネマ大好き娘 | 2014/04/12 4:35 AM |
東から進出してきた織田勢と西の大国毛利との境界になった上月城はまさに悲劇の舞台ですね。

見せしめとは言え、磔や串さしは余りにも残酷です。

また、後の尼子氏滅亡もお気の毒です。

今まで「秀吉の播磨平定」という一言で理解していたのですが、そこにはいろんな歴史があったのですね。
| めりい | 2014/04/12 9:40 AM |
シネマさん&めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

美人薄命、シネマさん長生きですね、例外もあるようで。

殺すか殺されるかの時代です。
降伏すればいいが、対抗すればこうなると相手方に見せつけた
のでしょう。
| ラメール | 2014/04/12 11:01 AM |
貴重な石碑のアップありがとうございます。

しかし、見せしめとはいえ、女を磔、こどもを串刺しとはむごすぎます(-_-;)

さすがに大河ではこれは描けませんね。
| しずか | 2014/04/12 3:40 PM |
しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

400年以上も前に、ここで壮絶な戦いがあった。

その方の慰霊碑がそのことを物語っています。

反抗するとこうなるんだと見せしめでやったのでしょう。

| ラメール | 2014/04/13 2:24 AM |
ラ・メールさんの記事は地図等が入っていて本当に分かりやすいですね!
| willy_tsuguo_shikata | 2014/04/14 6:15 AM |
shikataさん
訪問とコメントありがとうございました。

私が訪問するのに地図を用意します。
読んでいただいた方も何処にあるのと思われた時、
地図があったらいいだろうと思ってリンク貼っています。

使っていただいてありがとうございます。
| ラメール | 2014/04/14 12:00 PM |
コメントする