大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 菩提山・陣屋・菁莪記念館〜竹中半兵衛ゆかりの垂井町(1) | main | 禅幢寺〜竹中半兵衛ゆかりの垂井町(3) >>
五明稲荷神社〜竹中半兵衛ゆかりの垂井町(2)



陣屋跡の東南方向約1kmの所に、黒田官兵衛の嫡男・松寿丸が匿われていたと伝わる地があります。
現在は五明稲荷神社が建っています。
 
五明稲荷神社(不破郡垂井町岩手2290


三木城攻めの最中に突然信長に反旗を翻した荒木村重を説得するため、黒田官兵衛は単身で有岡城に乗り込みましたが、逆に幽閉されます。
戻ってこない官兵衛に謀反の嫌疑をかけた信長は、長浜城の秀吉の元に人質として預かっている官兵衛の嫡男・松寿丸を殺すように命じました。
しかし竹中半兵衛は「官兵衛二心無い」と信じ、密かに自分の居城・菩提山城から近いこの場所に松寿丸を匿いました。

その後、有岡城から官兵衛が救出されると、松寿丸も開放されました。

 

このイチョウの樹(右)は、天正8年(1580)閏3月、松寿丸がここを去る時に植えたと伝わります。
 


 


秀吉の出世を支えた2人の軍師「竹中半兵衛」と「黒田官兵衛」のふたりは、戦国時代にありながら、このようにお互いを信頼し、深い友情と絆で結ばれていました。

このふたりを合わせて「二兵衛」と呼びます。




           by merry   



 

 
お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m





 
| 岐阜 | 00:00 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
銀杏〜 ̄銀杏がなると、おつまみにいいですね!
| シネマ大好き娘 | 2014/04/02 3:31 AM |
松寿丸の囚われの場所といい、半兵衛の陣やあとなど

大河を見る者には、知りたい所です。

30日の「小寺はまだか」を見た後ですので、よけいに
インパクトあります。
いいタイミングでのアップありがとう。
| ラメール | 2014/04/02 10:29 AM |
お忙しい中、記事の作成ありがとうございました。

ここは、陣屋に向かう途中の目印にしておくと良いですね。

秋になって黄色く色づいたイチョウも見てみたいです。
| しずか | 2014/04/02 11:29 AM |
ラ・メールさん。
私達の旅に合わせたかのような紀行が放映されて、ラッキーでした(笑)

垂井に行きたいと思いながら、やっと念願が叶いました。
| merry | 2014/04/05 3:29 PM |
シネマさん。

銀杏を食べるのは好きだけど、お料理は大変です。

我が家の冷蔵庫には、昨年もらった銀杏がまだ入っています(笑)
| merry | 2014/04/05 3:31 PM |
しずかさん。

しずかさんからパワーをもらって、自転車で念願の垂井史跡めぐりができました。

お天気が良くて、何よりでした。
| merry | 2014/04/05 3:43 PM |
コメントする