大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 山本覚馬の墓 | main | 横井小楠殉節地 >>
その後の松平容保
JUGEMテーマ:八重の桜

松平容保は、会津戦争後は鳥取藩にお預けの身となり、東京に移されて蟄居しましたが、嫡男の容大が家名存続を許され華族に立てられました。



容保はそれから間もなく蟄居を許され、明治13年(1880年)には日光東照宮の宮司となり、また会津藩の家老であった西郷頼母も宮司を補佐する禰宜職に就任しました。その頼母は、明治になって名字を変え、保科近悳と名乗っていました。

松平容大


西郷頼母


当時の東照宮は、幕府からの庇護を失い、経済的に困窮していました。そこで、地元の有志者が、明治12年に保晃会を組織し、初代会長に容保が就任し、日光山を守るために奉賛活動を行いました。
その一環として、当宮崇敬者や奉賛者等に対して、自筆の木版刷り御社号を授与していたそうです。

日光東照宮 陽明門


三猿


会津藩の主従が再びタッグを組み、当時からの保存活動が、現在まで引き継がれ、平成の大修理に至ったということなのですね。

容保は、正三位まで叙任し、明治26年(1893年)12月5日に東京小石川の自邸にて肺炎のため死去。享年59。

八月十八日の政変での働きを孝明天皇から認められ、その際、宸翰と御製を賜り、それらを小さな竹筒に入れて首にかけ、死ぬまで手放すことはなかったといいます。
  by しずか


お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
| 栃木 | 22:42 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
西郷頼母の、おひげりっぱですね〜
| シネマ大好き娘 | 2013/12/10 5:13 AM |
シネマ姉さん、私もそう思った!

凄い長さにびっくりです(笑)
| しずか | 2013/12/10 11:05 AM |
>当時の東照宮は、幕府からの庇護を失い、経済的に困窮

そっか〜徳川幕府が滅びたのだから、東照宮も経済的に困るのは当然ですね。

容保と頼母は、ここでも徳川家のため頑張ったのですね。
| merry | 2013/12/11 3:49 PM |
merryさん、東照宮に行った頃は、容保と頼母と東照宮の関わりなど知らずにいました。
もっと勉強していくべきだったなと。
| しずか | 2013/12/11 10:45 PM |
コメントする