大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 鶴ケ城(若松城)と荒城の月 (会津若松紀行18) | main | 如来堂の戦い〜会津戦争 >>
母成峠古戦場〜会津戦争
JUGEMテーマ:八重の桜


猪苗代湖の北東にある母成グリーンラインを走っていると、頂上付近に「母成峠古戦場」の碑が見えてきます。



慶応4年(1868)8月21日、会津若松城総攻撃を決めた新政府軍は、大軍でこの峠に押し寄せてきました。
会津藩は、郡山から会津に入る中山峠や勢至堂峠に主力部隊を置き防御を固めていましたが、攻められたのは一番防御が手薄な母成峠でした。



母成峠の防御に当たっていた会津藩の主力部隊は、会津藩士を始め、旧幕府の大鳥圭介率いる伝習隊や土方歳三率いる新選組などで、その数はわずか800名。
それに対して新政府軍は、板垣退助、伊地知正治率いる主力部隊と土佐藩の谷干城など、合計3000名の大軍でした。
兵力を集中させ、一挙に会津国境を突破しようと攻めてきたのです。



それでも怯まず、濃霧の中、終日戦いが繰り広げられましたが、午後4時過ぎには勝敗は決し、会津藩は猪苗代に向かって敗走することになります。


この時、新選組の土方歳三は仙台に向かい、旧幕臣の榎本武揚率いる艦隊に加わって箱館(現:函館)を目指しました。

一方新選組の斎藤一(会津では山口次郎を名乗っています)は会津に戻り、この後、会津で壮絶な戦を展開することになります。


その記事は次回に・・


       
             by merry







FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Rankingクリックお願いします。



                                     









| 福島 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
merryさん、取材は広範囲に行かれましたね。

会津の一番手薄な所を突かれたのは、新政府軍の方が
情報戦でここが手薄であることが分かっていたのでしょう。

会津は、四方から攻められるので、守る会津は
全方向に守備隊を置かないといけないので、
不利な状態であったのでしょう。
歴史上有名な武士が参加していた戦いです。
| ラメール | 2013/07/16 2:26 AM |
ラ・メールさん、早朝のコメント、ありがとうございます。

碑に刻まれている名前は、そうそうたるメンバーでしょう。
彼らがここで戦っていたのだと思うと、感無量です。

だから史跡めぐりはやめられない(笑)
| merry | 2013/07/16 10:05 AM |
この碑は、字もはっきりしていて、見やすいですね。
その中に土方さんの名前が!
merryさんの興奮した様子が思い浮かびます(^_-)
遠くまで取材ご苦労様でした。
| しずか | 2013/07/16 10:21 AM |
しずかさん。

>merryさんの興奮した様子が思い浮かびます(^_-)

その通りです(*^^*)

ここには9年前に行ったのですが、未だこの写真を見てワクワクしています(笑)
| merry | 2013/07/17 9:31 PM |
コメントする