<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

高須四兄弟と名古屋城

[ 愛知 ]
JUGEMテーマ:八重の桜

 松平容保には、高須四兄弟と呼ばれる兄弟がいます。

兄・徳川慶勝(よしかつ)と茂徳(もちなが)は、美濃高須藩から尾張藩に養子に入り、慶勝は14代尾張藩藩主となり、勤王に走りました。

容保




慶勝



茂徳は、安政の大獄により、尾張藩主であった慶勝が隠居謹慎となったため、15代尾張藩藩主となりました。

茂徳



慶勝は、井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されると、文久2年(1862年)に「悉皆御宥許」の身となり、上洛し、将軍家茂の補佐を命じられました。

茂徳は、実子が早世し、義宜(兄・慶勝の子)を養子としました。
文久3年(1863年)に隠居し、養子義宜に藩主を譲りました。
慶応2年(1866年)一橋家から徳川宗家を相続した慶喜に代わって、弟の松平容保の斡旋で一橋徳川家第10代当主となり、茂栄(もちはる)を名乗り、徳川慶喜の助命嘆願に尽力しました。

慶勝にしてみれば、実子の義宜が16代藩主となったため、その後見として尾張藩の実権を握りました。
維新後、茂徳とともに、朝敵となった容保、定敬の助命に奔走しました。

また、容保には、桑名藩主で京都所司代を務めた弟・松平定敬(さだあき)もいます。

定敬



定敬は、文久3年(1863年)の将軍・徳川家茂の上洛の際には、京都警護を勤めるために随行。元治元年(1864年)に京都所司代に任命され、京都守護職の容保、徳川慶喜と連携し、朝廷を援護する勢力を形成しました。

後に容保、定敬は、新政府軍に徹底抵抗し、戊辰戦争を戦うことになり、兄弟の運命は時代に翻弄されることになります。(Wikipedia参照)

名古屋城は、今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)の跡周辺に、徳川家康が九男・義直のために天下普請によって築城したとされています。東海道の要所として、また大阪方への備えとして加藤清正、福島正則、前田利光などの大名たちに土木工事を命じ、天守閣や諸櫓の建築工事は1612年にほぼ完成しました。
以降は徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城となり、明治維新を迎えるまで栄えましたが、第二次世界大戦の昭和20年の名古屋大空襲の際、ほとんどの建物が消失してしまいました。幸い、三つの櫓、三つの門は消失を免れ、重要文化財となっています。

天守閣は昭和34年に再建されました。

名古屋城は、関ヶ原の合戦後、1609年、家康が東海道の要所として、また大阪方への備えとして加藤清正、福島正則、前田利光などの大名たちに土木工事を命じ、天守閣や諸櫓の建築工事は1612年にほぼ完成しました。
その後、明治維新を迎えるまで、徳川家の居城として栄えましたが、第二次世界大戦の昭和20年の名古屋大空襲の際、ほとんどの建物が消失してしまいました。幸い、三つの櫓、三つの門は消失を免れ、重要文化財となっています。







天守閣は昭和34年に再建されました。
シンボルはもちろん金の鯱です。

城に鯱を掲げるようになった室町時代当初は、火除けの呪いであったのが、後に城主の権威の象徴となったそうです。




資料館に展示されている金の鯱


消失を免れた表二之門、西南隅櫓です。

表二之門は、門柱、冠木とも鉄板張り。
袖塀は土塀で鉄砲狭間を開いて要害としての堅固さを示しています。





西南隅櫓は、屋根二層、内部三階。
西、南両面に軍事用の「石落とし」を張り出し屋根を付けています。
濃尾地震で崩壊しましたが、修理復旧されました。







加藤清正の像

天守閣の石塁の構築を命じられた加藤清正は、巨石の運搬し際し、自ら音頭をとって木遣を歌わせ民衆の引網をとって運んだと伝えられていますが、この石塁の施工大名は黒田長政なので、単なる説話ではないかということです。



清正石


石垣には記号を刻んだ石があちこちにあり、これは築城にあたった大名たちが、自分の運んだ石を他の大名のものと区別するためにつけた目印だそうです。



by しずか

FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2013.04.03 Wednesday 00:00 | comments(5) | - | 
<< 禁門の変ゆかりの地〜宝積寺 | main | 禁門の変ゆかりの地〜離宮八幡宮 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.03.21 Tuesday 00:00 | - | - | 
ラメール (2013/04/03 2:41 AM)
容保は、演じている役者さんと似てます。

慶勝と定敬はイケメンとはいかないです。

茂徳は、恰幅もよくサムライの雰囲気が一番
あります。

当時は、どんな人がイケメンといわれたのでしょう。




シネマ大好き娘 (2013/04/03 6:22 AM)
当時のイケメンは、みんな早く死にますね〜

シネマは、坂口良子さまみたいに愛されて先に死にたい
しずか (2013/04/03 7:53 PM)
ラメールさん、コメントありがとうございます!

たしかに、容保と綾野剛さん、何となく似ていると思います。
そういうイメージの方を選んだのでしょうか。
容保や土方さんが当時のイケメンではなかったのでしょうか。

シネマ姉さん、坂口良子さんの突然の死はショックでしたね(@_@;)
merry (2013/04/03 11:16 PM)
会津藩とともに戊辰戦争を戦った桑名藩の藩主は松平容保の弟と知っていましたが、他にもたくさんの兄弟がいたのですね。
なんとなくお顔が似ています(笑)

団子三兄弟がブームになった年がありましたが、今年は四兄弟でブームに火をつけましょう。

名古屋城には随分前に行きましたが、デジカメのない時代だったので写真がありません。
また機会があれば、行きたいと思います。
しずか (2013/04/03 11:43 PM)
merryさん、昔、名古屋城に行った時、デジカメ持っていなかったのです。
それで、携帯カメラで撮ったため、↑のような画像になってしまいました。
私もまたいつかちゃんと撮影しに行きます。

四兄弟のブームになると良いですね(#^.^#)