大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 大河ドラマ「平清盛」総集編 放送予定 | main | 壇ノ浦の戦い 平家滅亡 >>
大河最終回 清盛死す

大河「清盛」もついに最終回を迎えました。孫を天皇に就かせ、福原に都を移し、望むものは全て手に入れた平清盛もついに死期を迎えました。そして、「頼朝の首を我が墓前に供えよ」と言って清盛は、熱病(あっちち病)によって死んでいきました。

清盛の最後について「平家物語巻六 入道死去」では次のように書いています。

入道相国jは、発病されたその日から水も喉を通らず、体は火をたいているように熱かった。寝ておられる所から四〜五間の内にいる者は、熱さに耐えられなかった。比叡山から水をくみおろして、石の槽に入れ、その中に体をいれられて冷やそうとしたが水は激しく沸き上がって湯となった。体に水を流しても焼け石や鉄にあたるように、水はほとばしり、炎となって燃えたので黒煙は、御殿の中に満ち、炎は渦を巻いて燃え上がった。・・・・・
1181(治承5)年2月4日、病苦に責められ、悶え苦しみ転び倒れて、ついに死んでいかれた。(享年64歳)・・・・・7日、愛宕(おたき 京都左京区にあった火葬場)にて火葬し、遺骨を円実法源が首にかけ摂津国経が島(兵庫県神戸市 大輪田の泊)に納めた。

能福寺にある清盛の墓
清盛墓


一の谷の戦いで敗れた平家は、屋島に逃れた。屋島の戦いについては、大河では、ストリーになかったですが、平家滅亡については必要な話ですので、ここで紹介します。 
(平家物語巻十一 逆艪、勝浦、嗣信最後、那須与一、弓流、志度合戦) 

1185(元暦二)年2月、義経は、都を立って、摂津国渡辺(大阪市東区)から屋島へ攻めようと、又、範頼は摂津国神崎(兵庫県尼崎市)から山陽道に向おうと船揃えをした。・・・・・・義経軍は、16日午前2時ごろに渡辺を出発し、翌朝6時ころに阿波の地に到着した。

義経が船出した渡辺の津
八軒屋船着場 渡辺の津


平家が陣を構えた屋島(香川県)
屋島


屋島の安徳天皇社
安徳天皇社1 安徳天皇社2


屋島の戦いで有名な話が、那須与一が平家がかざした扇の的を射落とす場面です。

的との距離が遠かったので、海へ馬を乗り入れたが、それでも7段ばかりあった。時は、2月18日の午後6時ごろのことであった。北風が激しく波は高く、船は上下へと揺れ竿の先の的も止まることなくひらめいていた。与一は「南無八幡大菩薩・・・・・この矢をはずさせないでください」と祈念して、弓に矢をつがえひょうと放った。扇は空に舞い上がり空中にひらめいて海へ落ちたのであった。沖では、平家が感嘆し、陸では源氏が歓声をあげた。

その場所が残されています。今は、埋め立てられており、当時の海の上で平家の船が浮かんでいる感じはありません。

駒立て岩               祈り岩
駒たて岩 祈り岩


扇の的位置
扇の岩



那須与一の墓が兵庫県神戸市にあります。

与一墓1 与一墓2

与一は、晩年、この地にお礼参りに訪れますが、病のためここで亡くなったと伝えられています。この墓にお参りすると、年老いてもシモの世話にならないと言い伝えられています。又、弓の名人であった与一にあやかろうと弓道者やアーチェリーの関係者も訪れます。
道路を隔てた東側に那須神社があります。


平家が屋島の戦いで敗れていく様子を「平家物語巻十一 志度合戦」では次のように書いています。

平家は、船に乗って讃岐国志度の浦(香川県大川郡志度町)に退いた。そして、「源氏の大軍が来たぞ」と言って、潮にひかれかぜにまかせて、どこにむかうともなく落ちて行った。四国は、義経によって平定され、平家は、ただ死後、次の生を受けるまで宙に迷っている人の霊のようなありさまであった。

惨敗して、軍の体制もなくなって、ただ波任せで漂って逃げていく平家の様子を表しています。

屋島の地図はこちらから



ダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤ


●FC2ブログランキング参加中!
大河も終わって、このブログの順位も下降中(18位26日13時))です。最後のクリック、お願いします。

 

クリックお願いします。 

 


スペードハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペード




 

| 香川 | 01:43 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 01:43 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
ラ・メールさん。
清盛の最後と屋島の戦いについての力作の記事ですね。ありがとうございます。

>水は激しく沸き上がって湯となった
平家物語の表現は少々誇張があるかと思いますが、清盛が高熱で死んだことは史実なのでしょうね。
東大寺を焼討した仕打ちだとか言われていますが、いったい何の病気だったのでしょうね。
| merry | 2012/12/26 7:47 PM |
ラメールさん、お忙しい中、記事の作成ありがとうございました。
各史跡が見事に繋がっていますね。

体に水を流しても焼け石や鉄にあたるように、水はほとばしり、炎となって燃えたので黒煙は、御殿の中に満ち、炎は渦を巻いて燃え上がった。・・・・・

という表現は、誇張されてたとはいえ、このような苦しい亡くなり方をしたのは事実のようですね。

やはりマラリアだったのでしょうか。

那須与一の墓は私も行きましたが、まだ記事にしていなかったようです(^_^;)
すぐにしないと忘れてしまいますね(苦笑)
| しずか | 2012/12/26 9:49 PM |
merryさん&しずかさん
訪問とコメントありがとうございます。

平家物語は、琵琶法師によって語り継がれた内容を
あとから本にしたようで、作者は不明です。
しかし、なかなかの名文揃いのようです。
清盛の病状も大げさですが、その様子がよくわかります。

あと2回で締めくくろうと思っています。
| ラメール | 2012/12/27 1:37 AM |
屋島だ〜〜〜〜〜これなら、知ってます〜
| シネマ大好き娘 | 2012/12/27 5:52 AM |
 ラ・メールさん、しずかさん、merryさんの三人タッグの素晴らしい記事をこの一年間拝見・拝読して来ました。又、TVも数年ぶりに見ることができました。
 又、11月に皆さんと共に滋賀県の甲賀市のミホミュージアムで全国の土偶を集めた「土偶展」で国宝の縄文のビーナス、火炎土器など見て、おまけにアッシリアの国宝並みの戦争図杯も素晴らしかったですね。湖東三山も一緒に見ることができました。
 しずかさんのブログ「My days」で順次掲載されています!
 小生は来年3月以降の掲載となります。
皆様本当にありがとうございました!

皆様の記事最後まで掲載をお願いします!
 
| willy_tsuguo_shikata | 2012/12/27 7:04 AM |
シネマさん&shikataさん
訪問とコメントありがとうございます。

シネマさん
屋島に行ったのはもう何年前でしょうか。
香川の志度寺、崇徳上皇の史跡など訪問したいです。

shikataさん
1年間、清盛ブログに付き合っていただきありがとう
ございました。
オフラインでは、紅葉のきれいな湖東三山を
案内していただき、
初めて見る土偶の面白さをも教えていただきました。
人間ではない宇宙人なのか、当時の人に聞いてみたいです。

清盛ブログの記事もあと一回となりました。
| ラメール | 2012/12/27 11:43 AM |
コメントする