大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 尾長天満宮(広島) | main | 妓王・妓女(神戸遍) >>
清盛の愛人 仏御前(ほとけごぜん)
JUGEMテーマ:NHK大河ドラマ「平清盛」
第45回平清盛に仏御前が登場しました。妓王のあとの清盛の愛人として登場しました。清盛が55歳くらいで、大輪田の泊りに経が島を築いたころです。このあとの7年くらいが清盛が頂点にたった時代です。

清盛の愛人:妓王を追い出すほどの美貌と美声と美しい舞のできる白拍子であった仏御前は、石川県小松市原町の出身です。
仏御前14歳の1174(承安4)年に京都にのぼり、16歳のとき、清盛の前で今様を歌い、舞を舞った。そして、清盛の関心が仏御膳に傾いて、妓王に代わって清盛の愛人となる。

平家物語巻一「妓王」に仏御前の話は出てきます。

妓王は、清盛屋敷を出るとき、ふすまに一首、書き残して去っていきました。
萌え出づるも枯るるも同じ野辺の草 いづれか秋にあはで果つべき
春に芽を出す草木も(仏御前)、冬にはかれる草木も(妓王)、同じ草木です(白拍子)。いずれは秋に枯れ果てるでしょう(清盛に飽きられる)。


仏御前は、3年後、いつか自分も妓王のように追い出されるだろうと思い、清盛の元を離れて、仏門に入り、嵯峨野に住んでいた妓王と妓女(姉妹)の住んでいるところで一緒に生活をしました。
1178(治承2)年に故郷の加賀国(石川県小松市)に帰郷し、1180(治承4)年8月に没した。享年:20歳。
墓所は小松市原町にあって、今でも村人が彼女のお墓を守っています。


仏御前の像を安置している家 地図
石川県小松市原町ト24
仏安置



仏御前のお墓
仏墓


泰産神社(原町にあります)
安産のお守りとして仏御前が建てました。
泰山寺


正覚寺 地図石川県小松市松任町
仏御前が、清盛の元を去るとき、「靴を履いた珍しい阿弥陀像」を与えたと
言われています。
その「履行阿弥陀如来像(くつばき)」と仏御前像が安置されています。
正覚寺


小松市は、安宅の関のあるところです。又、プロ野球松井選手の出身地で松井選手の野球館は、当地の一大観光スポットです。


ダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤ


●FC2ブログランキング参加中!


クリックお願いします。

 


スペードハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペード

 

| 石川 | 00:07 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:07 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
仏御前の史跡をまとめていただきありがとうございました。
昔、小松を旅した時ののことを思い出しました。

今晩登場した仏御前、祇王、祇女みな綺麗でしたね!

好きな人の愛人たちと一緒に暮らすなんてくわたしにはできません(^_^;)
しかし、仏門に入るとはそれほどの覚悟なのでしょうね。
| しずか | 2012/11/19 12:22 AM |
シネマも無理〜
| シネマ大好き娘 | 2012/11/19 6:00 AM |
 石川県小松市が昨夜の見事な舞を披露した仏午御前の出身地でしたか、全然しりませんでした。

 Posted by Lameruでラ・メールさんの記事と判りました。

ありがとうございました。

 インド行きの準備も出来ていますか?
| willy_tsuguo_shikata | 2012/11/19 6:27 AM |
ここは、安宅の関と同じ小松市にあるのですね。

私も近くまで行きながら、仏御前ゆかり地までは足を伸ばせませんでした。

仏御前の像など、前もって電話をしておけば見られるのかも知れませんね。

いつか機会があれば、行ってみたいと思います。

| merry | 2012/11/19 7:51 PM |
しずか、シネマ、shikata、merryさん
お揃いでの訪問ありがとうございました。

清盛には何人くらいの愛人がいたのでしょうか。
谷家の娘と言うのもアップしました。
常盤御前も愛人のひとりでしょう。
やっぱり、英雄色を好むです。うらやましいです。

仏御前は当時、石川県から京都に出てきて
白拍子として、清盛の愛人になった。
今で言えば、AKBのセンターに選ばれたくらいの
出世でしょう。
900年前の人が今でも受け継がれて大事に
されているのですね。
予約しておれば、参拝できるようです。
| ラメール | 2012/11/20 2:19 AM |
コメントする